中村萌乃の経歴は?ドーピングによるユニバーサルエンターテインメント優勝剥奪経緯も

nakamuramoeno-keireki-header 陸上競技

中村萌乃さんは陸上長距離選手で、実業団ユニバーサルエンターテインメントの全日本実業団対抗女子駅伝優勝メンバーでした。

現在は引退しています。

しかし、中村さんは全日本実業団対抗女子駅伝のドーピング違反で記録抹消され、チームの優勝も剥奪されるという事態となっています。

どうしてこうなってしまったんでしょうか。

この記事では、中村萌乃さんの経歴や学歴、ドーピングによるユニバーサルエンターテインメントの優勝剥奪となった経緯を紹介します。

青山学院大学の箱根駅伝2018メンバーは?成績や選手の順位・記録も

2016.08.16

原晋監督(青山学院)の出した本は?妻や子供はいる?講演での名言も

2016.08.15

福士加代子が結婚&引退?彼氏は山本良介?性格や血液型も!

2016.06.13

1.中村萌乃のプロフィールと経歴

本名 中村萌乃(なかむら もえの)
生年月日 1990年3月21日(28歳)
出身地 新潟県
身長体重 168cm 46kg
血液型 非公表
所属 ユニバーサルエンターテインメント
専門種目 長距離

 

【中村萌乃の実業団経歴】
時期 大会名 種目・担当 結果
2012年 関東陸上選手権 5000m 優勝
2012年 全日本実業団女子駅伝(優勝) 2区 区間賞
2013年 東日本実業団陸上選手権 5000m 3位
2013年 国際千葉駅伝(12位) 2区 区間3位
2013年 全日本実業団女子駅伝(2位) 6区 区間賞
2015年 黒部名水マラソン 10km 優勝
2015年 国民体育大会 5000m 5位
2016年 香川丸亀国際ハーフマラソン ハーフマラソン 8位
2016年 第100回日本陸上選手権 5000m 8位
2016年 全日本実業団女子駅伝(8位) 6区 区間2位
2017年 香川丸亀国際ハーフマラソン ハーフマラソン 8位
2017年 東日本実業団陸上選手権 5000m 2位
2017年 第101回日本陸上選手権 5000m 15位
2017年 第101回日本陸上選手権 10000m 16位
2017年 全日本実業団女子駅伝(優勝) 5区 区間2位
 

2.中村萌乃の学歴は?

中村萌乃さんの出身高校と大学をチェックしてみましょう。

  • 出身高校=新潟第一高校
  • 出身大学=城西国際大学

出身高校は地元新潟の新潟第一高校です。

2007年、3年生の時に出場した全国高校駅伝では2区4.0975kmを走り、13分28秒の記録を残しています。

区間11位でした。

高校卒業後は城西国際大学(千葉県東金市)に進みました。

城西国際大学ではかなり実力を伸ばし、同大学の歴代記録に名を残しています。

【中村萌乃の城西国際大学歴代記録】
  • 3000m
    歴代4位
    記録=9分32秒82
  • 5000m
    歴代3位
    記録=16分4秒38
  • ハーフマラソン
    歴代3位
    記録=1時間15分40秒

かなり良い選手だったようですね。

大学卒業後は実業団のユニバーサルエンターテインメントへ入社。

経歴はプロフィールのところを参照ください。


3.引退後の進路は?

中村萌乃さんは2018年に現役を引退していますが、その後の進路は特に発表されていないようですね。

そのままユニバーサルエンターテインメントに残り、広報などの業務を行うものと思われます。

何か発表があり次第追記してお伝えしますね。

しかしドーピングによる優勝剥奪という事態となってしまい、引退したとはいえ会社にい辛いんじゃないでしょうか。


4.ユニバーサルエンターテインメントのドーピングによる優勝剥奪の経緯は?

nakamuramoeno01

中村萌乃さんが所属していたユニバーサルエンターテインメントは、2017年11月の全日本実業団対抗女子駅伝で優勝しました。

監督は高橋尚子さんを育てた小出義雄監督です。

中村さんは5区を走り、区間2位と優勝に大きく貢献。

引退に華を添えました。

ところが、その際に行われたドーピング検査で陽性が出たことで中村さんの記録は抹消されることに。

同時にチームの優勝も剥奪ということになったのでした。

中村萌乃さんは元々良い選手ですし、ドーピングしてもっと実力を上げようとしたのか疑問ですよね。

報道によると、中村さんは体調不良だったようでレース前に個人的に薬を服用したようなんです。

その薬の中に禁止されている成分が入っていたということで、不注意によるドーピング違反となったと言われています。

いわゆる「うっかりドーピング」ですね。

本人も、記録を良くする目的で服用したのではないと主張しているということで、悪質ではないと考えられそうです。

しかし記録は無かったことになり、優勝も剥奪という結果となり本人的にはうっかりではすまされない重大な事態となったことでさぞ苦しいでしょうね。

本人よりもまったく落ち度のないチームメイトはもっと可愛そうですよね。

必至にチームを強くしてきた小出義雄監督もさぞ無念だったでしょう。

「30キロ過ぎで一番速く走るマラソン サブ4・サブ3を達成する練習法」(角川新書)

5年ぶりの優勝ということで、血の滲むような努力をして実業団の最高峰である全日本実業団対抗女子駅伝で優勝したのに、剥奪ですからね。

今後どうしたらこういう悲劇が起こらないか、中村萌乃さんにはそうした方向でユニバーサルエンターテインメントや陸上界に貢献して欲しいと思います。

現在は責任の重さを痛感していて自分らしさや温かい気持ちなどを失ってしまっている状態かもしれませんが、何かのために活動することで復活に近づくと思うので頑張って欲しいです。

青山学院大学の箱根駅伝2018メンバーは?成績や選手の順位・記録も

2016.08.16

原晋監督(青山学院)の出した本は?妻や子供はいる?講演での名言も

2016.08.15

福士加代子が結婚&引退?彼氏は山本良介?性格や血液型も!

2016.06.13
 
 
以上、今回は元陸上長距離選手、中村萌乃さんについてでした。

ドーピング検査で陽性となり記録抹消・チームの優勝も剥奪という前代未聞の騒動となっていますが、意図的で悪質なドーピングではないことから、寛大な処分をとの声も上がっています。

一方で、アスリートが医薬品等の服用する際には禁止薬物等に該当しないか注意する必要があることは素人でも知っているのに本当に不注意だったの?といった見方もあるようです。

今後しばらくは調査があると思われます。

何か進展や変化があれば追記してお伝えしますね。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク