夏の甲子園2018の日程や出場校一覧と組み合わせトーナメント表から注目選手や展望まで

koushien-natsu-2018 高校野球

2018年の夏の甲子園は第100回記念大会です。

このような大きな大会が100回も開催されるなんてすごいですよね。

出場校も56校ということで史上最多となり、これまでで一番賑やかな大会になる見込みです。

猛暑の影響もあり、選手や応援団はじめ生徒たち、観客などの体調を考慮した運営方針がされるのかも注目が集まるところです。

この記事では、夏の甲子園2018の日程や出場校一覧とトーナメント表、注目選手や展望を紹介しています。


1.夏の甲子園2018の日程

2018年の夏の甲子園の日程が1月29日に発表されました。

8月5日(日)から17日間です。

雨による順延予備日と準々決勝(ベスト8)翌日の休養日を含んだ日程です。

組み合わせ抽選会は8月2日(木)16:00から行われます。

毎年組み合わせ抽選会は前夜祭のような雰囲気で盛り上がりますよね。

高校野球ファンにとってもいよいよ始まるというワクワク感が最高潮に達する日です。

抽選会の会場は例年通り、フェスティバルホール(大阪市北区中之島)の予定。

この日程の発表日は1月後半ということで、まだ春の選抜高校野球の出場校も決定していない時期に夏の甲子園の日程が決まるっていうのは意外ですよね。

奈良間大己(常葉大菊川)の打率と打数安打数は?イケメンな顔画像や本塁打動画も

2018.07.28

夏の甲子園2017の優勝校予想!出場校一覧や組合せ・歴代優勝校・テーマソングも

2016.07.28

2.夏の甲子園2018の出場校

夏の甲子園2018の出場校数は56校です。

100回帰年大会ということで、2校出場する都道府県が例年と異なります。

【2校出場する都道府県】
  1. 北海道(南・北)
  2. 東京都(東・西)
  3. 千葉県
  4. 埼玉県(南・北)
  5. 神奈川県(南・北)
  6. 愛知県(東・西)
  7. 大阪府(南・北)
  8. 兵庫県(東・西)
  9. 福岡県(南・北)

以上の9都道府県から2校ずつ出場するんですね。

47都道府県プラス9=56校ということです。

これらの都道府県はなぜ2校出場するのかというと、予選出場校の数が多いからです。

東京都は267校の野球部が出場し、東東京137校・西東京130校に分かれて予選を行います。

北海道は221校の野球部が出場し、北北海道102校・南北海道119校に分かれて予選を行います。

東京都・北海道に次いで出場校が多いのは神奈川県で186校、愛知県が189校、大阪府が180校出場しますが、例年はそれぞれ1校しか甲子園に出られないことから夏の甲子園激戦区と言われています。

※出場校数は2015年夏のデータです。

因みに100回帰年大会では例年の激戦区が2地域に分散したので、1代表を争う高校の数が違います。

今回一番の激戦区となったのは、東東京の132チームです。

【夏の甲子園2018激戦区ランキング】

【夏の甲子園2018激戦区ランキング】
激戦順位 地方大会 チーム数
1 東東京大会 132チーム
2 西東京大会 130チーム
3 静岡大会 111チーム
4 南北海道大会 106チーム
5 西愛知大会 101チーム
6 茨城大会 98チーム
7 北神奈川大会 94チーム
8 南神奈川大会 92チーム
9 西兵庫大会 90チーム
10 北北海道大会 89チーム
11 北大阪大会 88チーム
12 広島大会 88チーム
13 南大阪大会 87チーム
14 東愛知大会 85チーム
15 長野大会 85チーム
16 南埼玉大会 84チーム
17 東千葉大会 83チーム
18 新潟大会 82チーム
19 西千葉大会 80チーム
20 福島大会 78チーム
21 京都大会 75チーム
22 北埼玉大会 74チーム
23 東兵庫大会 72チーム
24 南福岡大会 70チーム
25 鹿児島大会 70チーム
26 岐阜大会 68チーム
27 宮城大会 67チーム
28 岩手大会 66チーム
29 沖縄大会 65チーム
30 群馬大会 64チーム
31 北福岡大会 63チーム
32 三重大会 61チーム
33 熊本大会 61チーム
34 青森大会 59チーム
35 栃木大会 59チーム
36 岡山大会 59チーム
37 愛媛大会 59チーム
38 山口大会 58チーム
39 長崎大会 57チーム
40 滋賀大会 50チーム
41 山形大会 48チーム
42 富山大会 48チーム
43 宮崎大会 48チーム
44 石川大会 46チーム
45 秋田大会 44チーム
46 大分大会 44チーム
47 佐賀大会 40チーム
48 奈良大会 39チーム
49 和歌山大会 39チーム
50 島根大会 39チーム
51 香川大会 38チーム
52 山梨大会 35チーム
53 徳島大会 31チーム
54 福井大会 30チーム
55 高知大会 28チーム
56 鳥取大会 24チーム

例年2校出場する東京が東西でワンツーは変わらず、3位に静岡が入りました。

静岡は一番損な地域となりましたね。

それでは各都道府県の夏の甲子園出場校を見ていきましょう。

都道府県 出場校 前年出場
北北海道 旭川大高校
9年ぶり8度目
滝川西
南北海道 北照
5年ぶり4度目
北海高校
青森 八戸学院光星
2年ぶり9度目
青森山田
岩手 花巻東
3年ぶり9度目
盛岡大付属
秋田 金足農業
11年ぶり6度目
明桜高校
山形 羽黒
15年ぶり2回目
日大山形
宮城 仙台育英
2年連続27回目
仙台育英
福島 聖光学院
12年連続15回目
聖光学院
茨城 土浦日大
2年連続4回目
土浦日大
栃木 作新学院
8年連続14回目
作新学院
群馬 前橋育英
3年連続4回目
前橋育英
北埼玉 花咲徳栄
4年連続6回目
花咲徳栄
南埼玉 浦和学院
5年ぶり13回目
東千葉 木更津総合
3年連続7回目
木更津総合
西千葉 中央学院
中央学院
東東京 二松学舎
2年連続3度目
二松学舎
西東京 日大三高
5年ぶり17度目
東海大菅生
北神奈川 慶應義塾
10年ぶり18度目
南神奈川 横浜
3年連続18回目
横浜
山梨 山梨学院
3年連続8度目
山梨学院
新潟 中越
2年ぶり11度目
日本文理
長野 佐久長聖
2年ぶり8度目
松商学園
富山 高岡商業
2年連続19度目
高岡商業
石川 星稜
2年ぶり19度目
日本航空石川
福井 敦賀気比
3年ぶり8回目
坂井高校
静岡 常葉大菊川
2年ぶり6度目
藤枝明誠
東愛知 愛産大三河
22年ぶり2度目
中京大中京
西愛知 愛工大名電
5年ぶり12度目
岐阜 大垣日大
2年連続5度目
大垣日大
三重 白山高校
初出場
津田学園
滋賀 近江
2年ぶり13度目
彦根東
京都 龍谷大平安
4年ぶり34度目
京都成章
北大阪 大阪桐蔭
2年連続10度目
大阪桐蔭
南大阪 近大付属
10年ぶり5度目
東兵庫 方国学園
8年ぶり15度目
神戸国際大附属
西兵庫 明石商業
初出場
奈良 奈良大附属
初出場
天理
和歌山 智弁和歌山
2年連続23度目
智弁和歌山
岡山 創志学園
2年ぶり2度目
おかやま山陽
広島 広陵
2年連続23度目
広陵
鳥取 益田東
3年ぶり5度目
米子松蔭
島根 益田東
18年ぶり4度目
開成
山口 下関国際
2年連続2度目
下関国際
香川 丸亀城西
13年ぶり5度目
三本松
徳島 鳴門
2年ぶり12度目
鳴門渦潮
愛媛 済美
2年連続6度目
済美
高知 高知商業
12年ぶり23度目
明徳義塾
北福岡 折尾愛真
初出場
東筑
南福岡 沖学園
初出場
佐賀 佐賀商業
10年ぶり16度目
早稲田佐賀
長崎 創成館
3年ぶり2度目
波佐見
熊本 東海大星翔
35年ぶり2度目
秀岳館
大分 藤蔭
28年ぶり2度目
明豊
宮崎 日南学園
2年ぶり19度目
聖心ウルスラ学園
鹿児島 鹿児島実業
3年ぶり19度目
神村学園
沖縄 興南
2年連続12度目
興南

 


3.夏の甲子園2018組み合わせ一覧とトーナメント表

夏の甲子園2018の組み合わせ抽選会が

8月2日(木)の16:00〜

の日程で大阪のフェスティバルホールで行われました。

組み合わせ一覧とトーナメント表を確認してみましょう。

①夏の甲子園2018組み合わせ一覧

1日目 8月5日(日)
一回戦 藤蔭(大分) 星稜(石川)
一回戦 済美(愛媛) 中央学院(西千葉)
一回戦 慶応(北神奈川) 中越(新潟)
2日目 8月6日(月)
一回戦 山梨学院(山梨) 高知商業(高知)
一回戦 作新学院(栃木) 大阪桐蔭(北大阪)
一回戦 北照(南北海道) 沖学園(南福岡)
一回戦 旭川大(北北海道) 佐久長聖(長野)
3日目 8月7日(火)
一回戦 佐賀商業(佐賀) 高岡商業(富山)
一回戦 智弁和歌山(和歌山) 近江(滋賀)
一回戦 前橋育英(群馬) 近大付属(南大阪)
一回戦 益田東(島根) 常葉大菊川(静岡)
4日目 8月8日(水)
一回戦 日南学園(宮崎) 丸亀城西(香川)
一回戦 金足農業(秋田) 鹿実(鹿児島)
一回戦 大垣日大(岐阜) 東海大星翔(熊本)
一回戦 花咲徳栄(北埼玉) 鳴門(徳島)
5日目 8月9日(木)
一回戦 横浜(南神奈川) 愛産大三河(東愛知)
一回戦 花巻東(岩手) 下関国際(山口)
一回戦 創志学園(岡山) 創成館(長崎)
一回戦 興南(沖縄) 土浦日大(茨城)
6日目 8月10日(金)
一回戦 敦賀気比(福井) 木更津総合(東千葉)
一回戦 日大三(西東京) 折尾愛真(北福岡)
一回戦 羽黒(山形) 奈良大付(奈良)
7日目 8月11日(土)
一回戦 龍谷大平安(京都) 鳥取城北(鳥取)
一回戦 明石商業(西兵庫) 八戸学院光星(青森)
二回戦 報徳学園(東兵庫) 聖光学院(福島)
二回戦 白山(三重) 愛工大名電(西愛知)
8日目 8月12日(日)
二回戦 二松学舎(東東京) 広陵(広島)
二回戦 浦和学院(南埼玉) 仙台育英(宮城)
二回戦
二回戦
9日目 8月13日(月)
二回戦
二回戦
二回戦
二回戦
10日目 8月14日(火)
二回戦
二回戦
二回戦
11日目 8月15日(水)
二回戦
二回戦
二回戦
二回戦
12日目 8月16日(木)
三回戦
三回戦
三回戦
三回戦
13日目 8月17日(金)
三回戦
三回戦
三回戦
三回戦
14日目 8月18日(土)
順々決勝
順々決勝
順々決勝
順々決勝
15日目 8月20日(月)
準決勝
準決勝
16日目 8月21日(火)
決勝

 

春夏連覇がかかる大阪桐蔭が2016年優勝校の作新学院(栃木)と初戦で対戦しますね。

1回線屈指の好カードと言えそうです。

展望についてはもうしばらくお待ち下さい。

②夏の甲子園2018トーナメント表

トーナメント表、作成中です。

今しばらくお待ち下さい。


4.夏の甲子園2018の注目選手や展望

夏の甲子園2018に出場する注目選手を確認しておきましょう。

北から順に。

  1. 阿部大夢(仙台育英)捕手
  2. 衛藤慎也(聖光学院)投手
  3. 林勇成(作新学院)投手
  4. 野尻幸輝(木更津総合)内野手
  5. 野村佑希(花咲徳栄)外野手
  6. 万波中正(横浜)外野手
  7. 宮尾将(慶應義塾)内野手
  8. 奈良間大己(常葉大菊川)内野手
  9. 竹谷理央(星稜)外野手
  10. 根尾昂(大阪桐蔭)投手
  11. 平田龍輝(智弁和歌山)投手
  12. 森悠祐(広陵)投手
  13. 松井義弥(折尾)内野手
  14. 西竜我(鹿実)内野手

以上の14人について今後詳しく調査して紹介します。

編集完了した選手から順次掲載していきますのでしばらくお待ちください。
2018年夏の甲子園は、上記で紹介した注目選手率いる各チームが中心となって展開していくと予想されています。

今後組み合わせが決定したらトーナメント表と合わせて展望を追加していきます。

何があるか分からない高校野球ですから、前評判が良くなくても大躍進するチームが毎年出てきます。

そうしたサプライズ的な展開をどうしても期待してしまいますよね。

ですが、大阪桐蔭の春の選抜の戦いぶりや戦力を見てしまうと、勝てるチームあるのかと思ってしまうほど桁違いなんですよね。

ですが、そんな大阪桐蔭も、北大阪大会では履正社に9回二死まで追い込まれたわけです。

各チーム、地方大会を勝ち抜いたわけですから勝負強さを持っています。

どのチームにもチャンスあると思うので毎試合集中して見たいですね。

奈良間大己(常葉大菊川)の打率と打数安打数は?イケメンな顔画像や本塁打動画も

2018.07.28

夏の甲子園2017の優勝校予想!出場校一覧や組合せ・歴代優勝校・テーマソングも

2016.07.28

以上、今回は夏の甲子園2018(100回記念大会)についてでした。

地元の高校を応援するのが基本ですが、早々敗退してしまった場合に一気に興味なくすのではなく、できれば事前知識を入れて、まるごと楽しむほうがお得です。

そういう場合にこの記事が役に立てば嬉しいですね。

それでは夏の甲子園を満喫してください。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク