中村奎太(日大三高)がイケメンで可愛いと話題なので球種や投手打撃成績を確認する

image-20180312071315 高校野球

中村奎太は日大三高の
投手兼外野手(センター)です、

大谷選手の登場依頼、徐々に増えつつある
二刀流ですね。

実力も去ることながらルックスも
イケメンで可愛いということで話題に
なってます。

今回は中村選手の

  • カッコイイ画像
  • 変化球の球種
  • ストレートのスピード
  • 2017年秋の投手成績
  • 同打撃成績

を確認してみましょう。


1.中村奎太プロフィール

所属 日大三高
身長 173cm
体重 72kg
投打 右/左
生年月日 2000.4.22(18歳)
血液型 A型
球歴 習志野私立袖ヶ浦東小学校(袖ヶ浦ボーイズ、西船橋ウイングス)→千代松陰中学野球部(軟式)
50mタイム 6.2秒
遠投距離 95m
趣味 映画鑑賞(洋画)
特技 ダーツ
好きな選手 秋山翔吾
好きなチーム 千葉ロッテ
尊敬する人 小倉全由監督
将来の夢 プロ野球選手
座右の銘 気迫
好物 メロン
嫌いな食べ物 パセリ
好きなタイプ 石原さとみ
家族構成 父、母、兄

 
中村奎太選手は小中学校と
軟式野球でした。

一般的に高校野球では硬式出身者が
レギュラーになりやすいです。

しかし中村選手は身体能力の高さ
と経歴を買われて、早くから
小倉監督の目に止まりました。

経歴というのは、日本代表U-15
で5番を打っていたことですね。

↓2015年の侍ジャパンU-15掲載画像
image-20180312070819

二年時の選抜でも
メンバー入りしています。

現在は競合の日大三高で中心選手
として活躍してます。
 

2.中村奎太はイケメンで可愛いと話題

中村奎太選手は日大三高の中心選手で
ピッチャー兼外野手としてチームの
センバツ2018出場に大きく貢献しました。

野球の実力と並んで人気の原因となって
いるのは、そのルックスです。

中村奎太の正面アップ画像

シュッとしたシルエットに爽やかな笑顔。

勝ち進めば大ブレイク間違い無しと
言われてます。

下で紹介する画像では、投げる瞬間の
表情すらイケメンです。

普通は、いかにイケメン選手といえども
力いっぱい投げる瞬間というのは力むので
ちょっとおもしろい顔になるもの。

しかし中村選手はどの瞬間を切り取っても
カッコイイということで、人に見せる時にも

「え〜変な顔じゃん」

なんて言われるリスクが低いですw

また、系統としては可愛い系だと
言われてますね。

性格はいつも明るくて面白いキャラだと
いうことです。
(チームメイトへの雑誌インタビューより)

image-20180311082034

初戦の組合せが決まったら、ぜひ
スケージュール空けて試合見てください。

もし先発投手として登場すれば、初回の
守りの際にアップで数十秒は拝めます。

ただ、日大三高には投手が複数いて、
先発は中村選手以外にも

  • 井上広輝くん
  • 河村唯人(ゆいと)くん

がいるんです。

正直、誰が先発かは分かりません。

ただ最近の高校野球の傾向としては
投手にあまり完投させません。

どこかでだいたいはリリーフピッチャーが
出てくるんです。

初戦から中村奎太投手の出番はたぶん
あるでしょう。

楽しみですね。


3.中村奎太の球種と球速

中村奎太投手の球種は

  • ストレート
  • チェンジアップ
  • スライダー

です。

球速142km/hのストレートと
スピードが遅くて落ちるチェンジアップで
打者のタイミングを外す投球術
討ち取っていくのが中村投手の
投球スタイルです。

それに加えて秋にスライダーを習得。

緩急だけでなく横の変化があることで
投球に幅が出てきました。

ストレートも冬を超えてより威力は
増していると言われていますね。

甲子園では148km/hを狙っている
言われている中村圭太投手の投球に
大注目です。


4.中村奎太の2017秋の成績

image-20180311081851

中村奎太選手の成績を見てみましょう。

①中村奎太の投手成績(2017秋)

まず投手としての成績です。

全試合 うち公式戦
試合数 16 6
完投 1 1
完封 1 1
投球回数 54+1/3 24+2/3
被安打 50 26
奪三振 51 22
与四死球 19 8
失点 18 8
自責点 13 7
防御率 2.15 2.55

 
上の表は練習試合も含めた全試合と、
秋の公式戦の成績をまとめたものです。

この表から、1イニングにつき
だいたい一つ三振を奪っているという
ことが分かります。

また、奪三振と同じくらいのヒットを
打たれてますね。

ですが防御率は悪くないです。

ということは、ランナーを出しても
崩れずに試合を作っているということが
言えます。

こういうピッチャーは本番で
打ち込まれても自滅すること無く
味方の援護を待てるんです。

また、自らも攻撃の中心なので、
打撃面で活躍すると投球内容も急に
良くなるという傾向があります。

二刀流がうまくハマればかなり
勝ち進むかもしれません。

②中村奎太の打撃成績(2017秋)

中村選手の打撃成績を見てみましょう。

全試合 うち公式戦
試合数 25 8
打数 90 30
ヒット 40 12
二塁打 6 3
三塁打 3 2
本塁打 2 1
打点 30 10
三振 7 2
四死球 9 4
犠打 1 0
盗塁 3 0
エラー 4 1
打率 4割4分4厘 4割0分0厘

 

もともとミートが上手く広角に打てます。

ですが秋季都大会の序盤は不振でした。

二回戦の昭和高校戦ではスタメン落ち。

そこで小倉監督が動きました。

上体と下半身の動きがアンバランスに
なっていると気づいて、ワンバウンドの
球を打つティーバッティングを敢行。

ボールが手元に来るまでしっかり見る
という基本を思い出させたんです。

ボールを長く見ることは、
頭では分かっていても一連の打撃動作
の中で中々意識できないことです。

ゴルフではクラブが球に当たる瞬間を
見るまでボールから目を放すべきでは
ありません。

ところが中々当たる瞬間まで見て
いられないんですよね。

野球の場合は動く球を打つので、
当たる瞬間までボールを見ていることは
ほとんど無理です。

ですが、ボールをギリギリまでひきつけて
打つよう心がけるとミート率が上がります。

結果、自然と打球はセンター方向か、

  • 右打者なら右方向
  • 左打者なら左方向

へ飛ぶんです。

中村選手はこの小倉監督の指導によって
調子を取り戻しました。

その後の提供高校戦(準々決勝)では
ホームランも放ってます。

調子を上げたまま秋のシーズンが終了。

冬のトレーニングを経て選抜に臨みます。
 


 
以上、今回は日大三高・中村奎太選手の
球種や成績等の紹介でした。

イケメンと騒がれることは、
高校球児にとって
実は嬉しいことのようですよ。

中村選手の場合、実力も伴っていて
調子も上向き。

注目度が上がるに連れてより活躍
するんじゃないでしょうか。

中村奎太選手は中学時代、
日本代表U-15に選ばれて5番を
打っていました。

その経験が自身となって揺るぎないもの
になりつつあります。

今後は侍ジャパンのU-18、フル代表も
目標にして飛躍していって欲しいですね。

まずは、選抜2018を楽しんでプレーして
ほしいと思います。

最後まで見て頂き
ありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク