佐藤緋美(ひみ)の経歴や学歴は?本名が父親浅野忠信と母親CHARAと違う理由は?

satouhimi-header 芸能

佐藤緋美さんは俳優の浅野忠信さんとミュージシャンのCHARAさんの息子です。

2018年6月に役者デビューすることが発表された俳優です。

この記事では、佐藤緋美さんの経歴や学歴、本名が両親と違う理由について調査した結果を紹介しています。

村上虹郎と母親UA・父親村上淳の親子関係は?出身中学校・高校も

2017.03.22

charaが娘sumireとタマホームCMに出演!浅野忠信と離婚した?

2015.12.29

村上淳の出演作品紹介!UAとの息子村上虹郎も俳優として活躍

2015.07.29

1.佐藤緋美のプロフィールと経歴

本名 佐藤緋美(さとう ひみ)
別名義 HIMI(モデルとして)
生年月日 1999年12月19日(18歳)
出身地 東京都
身長 173cm
血液型 AB型
所属事務所 アノレ
特技 ドラム・ギター・ピアノ

 

佐藤緋美さんは俳優の浅野忠信さんとミュージシャンのCHARAさんの長男です。

両親は2009年に離婚しています。

小さい頃から母親のCHARAさんの影響でピアノやギター、ドラムを演奏するのが好きでした。

出身中学校・高校は、東京都内のインターナショナルスクールです。

2016年〜2017年秋までオーストラリアに留学していました。

その間にモデル「HIMI」としてデビューしています。

2017年4月にラフォーレ原宿の外壁にHIMIのポスターが貼られて本格デビューが話題となりました。

2018年6月に舞台「書を捨てよ町へ出よう」への出演が決定。

マルチに活躍する両親に憧れ、モデル・俳優、さらにミュージシャンとしてやっていくと決意を語っています。


2.佐藤緋美の本名は?なぜ苗字が浅野忠信とCHARAと違うの?

佐藤緋美さんは本名で活動しているようです。

父親は浅野忠信さんで、母親はCHARAさんですよね。

苗字が佐藤なのは何故なんでしょうか?

答えは意外とシンプルです。

父親の浅野忠信さんの本名が佐藤忠信(さとう ただのぶ)っていうんですよね。

ズバリ、父親の本名が佐藤だから。

これです。

因みに母親のCHARAさんは離婚して現在は旧姓の綿引(わたびき)に戻っているんだとか。

浅野忠信さんは普通っぽい佐藤から苗字だけ変えて「浅野」にしたんですね。

確かに語呂で全然印象違います。

かっこいいですよね。

どうせなら「浅野緋美」でも良かったですよね。

あ、でも名前が超絶変わってますからね(緋美)。

佐藤のほうがシックリくるかもですね。


3.佐藤緋美が主演として出演する舞台は?

佐藤緋美さんは2018年10月7日開幕の「書を捨てよ町へ出よう」という舞台に出演します。

演技の経験はありませんが、オーディションで自分むき出しの演技を見せたことで審査員の心を掴んだようです。

演出を担当する藤田貴大さんは、緋美くんのむき出し加減に惹かれて、「今の緋美のありのままでやってほしい」と注文したと言われています。

緋美本人は、緊張すると思うが普段どおりの自分を出して頑張ると意気込みを語りました。

「書を捨てよ町へ出よう」は、劇作家の寺山修司による作品で、これまでに短歌集や映画、戯曲等で発表されています。

舞台でも多く演じられていて、これまでに劇団:天井桟敷等が演じてきました。

藤田貴大さんによる演出は今回が初の模様です。

【「書を捨てよ町へ出よう」公演予定】
2018年10月7日〜(東京芸術劇場シアターイースト=東京)
2018年11月21日〜(パリ日本文化会館=フランス・パリ)

村上虹郎と母親UA・父親村上淳の親子関係は?出身中学校・高校も

2017.03.22

charaが娘sumireとタマホームCMに出演!浅野忠信と離婚した?

2015.12.29

村上淳の出演作品紹介!UAとの息子村上虹郎も俳優として活躍

2015.07.29

 


 
以上、今回は浅野忠信さんとCHARAさんの長男・佐藤緋美さんについてでした。

佐藤緋美さんは姉のSUMIREさんの影響でファッションに興味があり、既にモデルとして活動しています。

雰囲気はデビュー当時の浅野さんに似ていて、肌の感じや顔はCHARAさんに近いですかね。

目は浅野さんぽいような。

ジャニーズタレントのように垢抜けたと言うかチャラい感じではなく(シャレではなく)、何者にも染まらない感じのプレーンな俳優として育っていきそうな予感がします。

センス抜群で演技派の、なんでも出来る俳優さんになっていって欲しいですね。

また、音楽センスも凄いということなので、ミュージシャンとしての活動にも注目です。

新しい情報が入ったら追記してお伝えしていきますね。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク