石崎ひゅーいの経歴と学歴|俳優としての出演映画やアルバムと楽曲のタイアップを調査

URLをコピーする
URLをコピーしました!

今回は、シンガーソングライターの石崎ひゅーいさんについて、見ていきたいと思います。

今まで、さまざまな楽曲を視聴者に届けてきた、石崎ひゅーいさん。

そんな石崎ひゅーいさんは、どのような経歴だったのか、興味深いですよね。

また、石崎ひゅーいさんの学歴についても調べてみました。

しかし、石崎ひゅーいさんの活動は、シンガーソングライターだけにはとどまりませんでした。

石崎ひゅーいさんは、俳優としても活動していたのですね。

そこで、石崎ひゅーいさんが俳優として出演してきた映画にはどういうものがあったのか、確認していきましょう。

石崎ひゅーいさんのリリースしてきたアルバム、楽曲のタイアップもご紹介していきますので、こちらもご覧ください。

【関連】
もくじ

1.石崎ひゅーいの経歴

石崎ひゅーいさんは、198437日、茨城県の出身で、202011月現在の年齢は、36歳となっています。

実は、下の名前の「ひゅーい」は芸名ではなく本名。

母親が星一徹とデヴィッド・ボウイさんが好きだったため、星一徹の息子の星飛雄馬とデヴィッド・ボウイの息子のゾーイさんから取ったといいますから、すごいですよね。

そんな石崎ひゅーいさんは、子供だったころ、コピーバンドを結成して活動。

大学に進学後、このコピーバンドは解散して、2004年、あらたにロックバンドのastrcoastが結成され、そのメンバーとなりました。

そして石崎ひゅーいさんは、2010年、astrcoastが解散したことによって、ソロになったのです。

以後、石崎ひゅーいさんは、2012年、ミニアルバム『第三惑星交響曲』をリリースしたことによって、悲願だったメジャーデビューを達成。

こうしてシンガーソングライターとして活躍していくことになった石崎ひゅーいさんは、2015年には、ロックオペラ『彼女の起源』に出演したことによって、俳優としての活動もスタートさせることになりました。

CMにも、ABC-MARTのものに出演しています。

ちなみに、石崎ひゅーいさんは、自身の音楽活動だけではなく、他のアーティストへの楽曲提供も活発になっていました。

とくに菅田将暉さんに対する楽曲提供が多く、2018年には、「さよならエレジー」、「台詞」。

2019年には、「クローバー」。

そして2020年には、菅田将暉さん主演映画『糸』のエンディングテーマ、「虹」を提供。

ほかのアーティストでは、山下智久さんに、2014年、「君の瞳の中に見えた丸くて青い星」。

私立恵比寿中学に、2019年、「ジャンプ」を、それぞれ、提供しています。

そんな石崎ひゅーいさんが、これまでにリリースしてきたアルバム、楽曲のタイアップについては、後ほど、確認していくことにしましょう。

2.石崎ひゅーいの学歴

こういった活動を見せていた石崎ひゅーいさんは、学歴がどうなっていたのかも気になりますよね。

探ってみたところ、石崎ひゅーいさんの出身校は、高校は水城高校、大学は和光大学でした。

ちなみに、水城高校からは、片山晋呉さん、宮本勝昌さん、横田真一さん、高木孝治さん、久保田高さんなど。

和光大学からは、江原啓之さん、笠原大さん、髙地優吾さん、逆木圭一郎さん、鈴木杏さん、和田泰右さん、中村公平さん、二階堂智さん、西原久美子さん、室岡悟さん、吉田桂子さん、佐久間正英さんなどといった著名人が、出身者として知られています。

3.石崎ひゅーいの俳優としての出演映画

続いては、俳優としての石崎ひゅーいさんの実績を見てみましょう。

石崎ひゅーいさんがはじめて出演した映画は、2016年の『アズミ・ハルコは行方不明』でした。

その後、2019年には、『そらのレストラン』。

そして2020年には、菅田将暉さん主演で、エンディングテーマを提供した『糸』にも出演しています。

ちなみに、石崎ひゅーいさんは、ドラマでも、2018年、『平成ばしる』への出演によって、デビュー。

さらに、2019年には、『さすらい温泉♨遠藤憲一第十湯』、『左ききのエレン』に出演していました。

石崎ひゅーいさんの音楽活動だけではなく、演劇活動にも注目していきましょう。

4.石崎ひゅーいのアルバムと楽曲のタイアップ

おしまいに、石崎ひゅーいさんのリリースしてきたアルバム、楽曲のタイアップもチェックしていきます。

アルバムは、2012年に『第三惑星交響曲』。

2013年に『独立前夜』。

2014年に『だからカーネーションは好きじゃない』。

2016年に『花瓶の花』、『アタラズモトオカラズ』。

2019年に『ゴールデンエイジ』をリリースしていました。

楽曲のタイアップは、おもだったものだけでも多数となっています。

「ピーナッツバター」がドラマ『新解釈・日本史』の主題歌。

「星をつかまえて」がアニメ『ハイキュー!!リエーフ見参』のエンディングテーマ。

「オタマジャクシ」が映画『みんな!エスパーだよ!』のオープニングテーマ。

「ピノとアメリ」がアニメ『NARUTOナルト― 疾風伝』のエンディングテーマ。

今後も、あらたなアルバム、タイアップに期待しましょう。

【関連】

デビューして以来、その進撃がとどまるところを知らない、石崎ひゅーいさん。

音楽だけに収まらない活動も魅力的ですね。

これからも一挙手一投足を見つめていきましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる