大塚吉兵衛日大学長の経歴は?緊急会見内容やヤバい過去と家族について調べてみた

image-20180525194307

日本大学の大塚吉兵衛(きちべえ)学長が5月25日に会見で一般の人の目にさらされるということで話題です。

この記事では大塚吉兵衛さんの人となりを探っていこうと思います。

けっこうヤバメな情報もあってちょっと危うい人なのかも?

関連記事のIDを正しく入力してください

大塚吉兵衛日本大学学長の緊急記者会見の内容は?

大塚吉兵衛さんの会見日は5月25日です。

 

緊急会見ということで内容がに注目が集まっていました。

会見議題として、

「日本大学アメリカンフットボール部に関する件についての学長会見」

となっていたことから、当然いわゆる「悪質タックル」問題に関することになります。

一体何を語ったんでしょうか?

悪質タックルに関しては、5月23日に禍害選手である宮川泰介選手が先んじて会見しました。

翌日に、その会見を受けるような形で日大アメフト部前監督の内田正人氏と同コーチの井上奨(つとむ)氏が一緒に会見を開きました。

内容としては、宮川選手の誠実さが際立つ会見に世間の人が感動する中、日大側の会見は想像し得る最もダメな会見となり、呆れるを通り越し笑えると言った声が多数聞こえるほどでした。

内容をしっかり聴けば、まあ言いたいことは分かるんですが、いかんせん最初の対応が悪すぎたことから、何を言っても受け入れられない状態になってますね。

身から出た錆ですね。

内容としては日大側だけの主張を聴く分にはまあ、筋は通っていなくはないと言った感じでした。

ですが、前日の宮川選手の会見と食い違う部分が多く、どちらが正しいのか、ということになっていってしまう形になってますね。

無理やり収めようとするとやはり

  • 解釈の違い
  • 認識の乖離

ということになってしまいます。

ですが、事実はそれほど単純でもない感じですね。

日大では、アメフト部の現役選手達が遂に立ち上がり、意見を言う準備をしているようです。

「それを支援する形で活動していく」と保護者会が会見も行なっていました。

ということで、5月24日の内田正人・井上奨両氏の会見は多くの人が納得行くような内容ではなく、更に追い打ちをかけるように湧いて出たのが司会者・米倉久邦氏。

途中で切れて記者を制して会見を強制終了させたんです。

自分たちで呼んでおいて、途中で無理やり帰らせたわけですからひんしゅくを買うのも当然ですね。

この司会者、元記者だというからまた笑いのネタに・・・もとい、怒りを買う元となってしまったわけですが、どうしてこんな事態になってしまったんでしょうか。

そもそも日大側(というか部員たちもある程度は)「悪質タックル」があった数日後に動画がSNSで拡散されて炎上するまでは、この件をそこまで大きいことだと捉えていなかったようなんです。

関西学院大学から抗議文が届いた際にも、日本一を取った日大に対する「やっかみ」だと受け取っていたらしいんですよ。

ということは、動画が拡散しなかったら関学の講義は一蹴されていて被害者もまったくもって浮かばれなかったということです。

あんな危険なプレーをVTRで見ても、拡散して炎上しなかったらそれほど大したことじゃないと認識されていたということになります。

怖いですね。

ところで、大塚学長が語った内容は、いろんな意味で申し訳ない

というものでした。

「大学として(宮川泰介選手を)追い込んでしまった。責任を痛感している」とかたったんです。

そのうえで、宮川選手に直接会って話をしたいという意向を述べました。

話をしたいというのは、謝罪したいということなんだと思います。

この時点においては、学長のこの対応は世間的にもこんなもんかな、といった評価のようです。

よく考えるとけっこうすごいんですけどね。


大塚吉兵衛プロフィール

[aside]名前 大塚吉兵衛(おおつか きちべえ)
出身 栃木県
生年月日 1944年6月19日()
役職等 日本大学学長、日本大学総長、関東大学ラグビーフットボール連盟会長、社団法人日本私立歯科大学協会副会長
受賞歴 硬組織生物学会賞(2001年)[/aside]

 

大塚吉兵衛さんは1969年に日大の歯学部歯学科を卒業し、大学院も出ています。

さすがの学歴ですが、大学の学長を務める人ですからね、当然といえば当然です。

歯科医師の免許を持っています(当然ながら)。

そして歯科博士です。

1979年に助教授、1993年に教授になりました。

その後歯学部長や大学院歯学研究科長と重役を経験していきます。

2004年に理事になり、副総長・総長を経て2013年に学長となりました。

総長というのは実質の学長で、単に呼び名が変わっただけだということです。

なので、総長になった2011年からトップの座に就いているわけですね。

 


大塚吉兵衛のヤバメな過去とは

大塚吉兵衛日大学長は、かなりヤバイ過去があると言われています。

 

噂レベルですが、理事長の田中英寿さんと山口組組長が一緒に写っている写真が見つかって流出したというんです。

実は流出させたのは日大職員で、その写真は理事長本人が自分と対立する日大内部職員を怖がらせて何も言えないようにするために使っていたものだと言われています。

告発ですね。

しかしその後もなんら変わることなく田中理事長は現在もトップに君臨しているんです。

ちなみによく芸能人が詐欺士に一緒に写った写真を利用されるようなケースとは違い、本当に親密関係にあるそうですよ。

めちゃくちゃ怖いですよね。

この田中理事長と大塚吉兵衛学長は蜜月関係で、非常に仲がいいそうです。

大塚学長のこうした写真は流出していないことから、告発されるようなことにはなってませんが、田中理事長同様に反社会的勢力と仲良しなんだろうと推測されています。

「悪質タックル」の動画が拡散して大騒動になってもなお、両トップがメディアに出ることはありませんでしたね。

下っ端の例の司会者が横柄な態度を取ったのも、もしかしたらトップからの命令だったかもですよ?

そうして目くらましをすることで被害がトップに及ばないように仕向けていたんじゃないかとも言われています。

こうした対応の仕方から見ても、バックには反社会的勢力が待機していていつでも動けるような体制なのではと想像できてしまいますね。

 

大塚吉兵衛の家族構成は?

大塚吉兵衛さんは結婚していて子供や孫もいるに違いないとは言われていますが、情報は皆無ですね。

 

それも不自然なほどに。

ですが、これだけ騒動になってますからね、そのうち何かしら情報出てくるでしょう。

なにか分かり次第追記します。

関連記事のIDを正しく入力してください

以上、今回は日大の学長・大塚吉兵衛さんについてでした。

今後この人がメディアに登場するときは何か変化があった時だと思います。

注目ですね。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク