MENU

新潟アルビレックスBB(Bリーグ)の注目イケメン選手プロフィール紹介!

新潟アルビレックスBB(Bリーグ)の注目イケメン選手プロフィール紹介!
nigata-albirex-bb
2016年9月に開幕した、男子プロバスケットボールリーグ・Bリーグ(B.LEAGUE)。

それぞれのどんなチームなのか、どんな選手がいるのか、気になりますよね。

ということで今回は新潟県長岡市をホームタウンとする新潟アルビレックスBBの基本情報と、新潟アルビレックスBBの注目イケメン選手をご紹介します!

  • 新潟アルビレックスBBの基本情報
  • 新潟アルビレックスBB・注目イケメン選手のプロフィール

もくじ

新潟アルビレックスBBの基本情報

新潟アルビレックスBB(NIIGATA ALBIREX BB)の基本情報です。

地区:B1中地区
本拠地:新潟県長岡市
ホームアリーナ:シティホールプラザ アオーレ長岡
略称:新潟
チームカラー:オレンジ・青・白
niigata-albirex-bb1
チーム名の由来:「アルビレオ」(白鳥座のくちばしにオレンジとブルーに輝く二重星)と「レックス」(ラテン語で王者の意味)を合わせた造語。


アルビレオがさらにパワーアップしてバスケット界の王者に向かって羽はばたくという意味がこめられている。

クラブマスコット:白鳥のアルード
新潟アルビレックスBBのマスコット・アルード
新潟アルビレックスBBの注目イケメン選手を紹介します!

新潟アルビレックスBBの注目イケメン選手1:佐藤公威選手

satokimitake
はっと目を引くような顔立ちの佐藤公威選手。

satokimitake3
その整った彫りの深い顔立ちから、ハーフなのでは?と思う方も多いみたいですね。

佐藤公威選手のプロフィール

satokimitake9

本名佐藤公威(さとう きみたけ)
愛称キミタケ
生年月日1984年4月23日(39歳)
出身地新潟県長岡市
身長187cm
体重83kg
血液型A型
背番号23
ポジションガードシューティングガード(SG)
出身校長岡市立旭岡中学校・中越高等学校・新潟工業短期大学

公威(きみたけ)という名前、少し珍しいですよね。

実は作家の三島由紀夫さんの本名も、平岡公威(ひらおか きみたけ)というんですね。

佐藤選手の名前は三島由紀夫の本名からとったものなのかどうかわかりませんが、そう思うとなんだかよりかっこ良く感じますね。

新潟アルビレックスBBのホームタウン・新潟県長岡市出身の佐藤公威選手。

satokimitake8
お姉さんがいらっしゃるようです。

バスケットを始めたのは11歳の時です。

長岡市立旭岡中学校から中越高校に進学されましたが、高校時代にも全国大会に出場する機会はありませんでした。

新潟工業短期大学の1年生のとき、出場校のほとんどが4年制大学の全日本大学バスケットボール選手権大会に1年生エースとして出場、1回戦でチーム最多の23得点7リバウンドを挙げて國學院大學を破り、注目を集めました。

新潟工業短期大学バスケットボール部では、母校の偉大なOBの名を冠した「佐藤公威杯争奪キミタケDREAM CUP」を現在も開催、地元高校生のバスケット選手育成に励んでいます。

佐藤選手も応援にかけつけるそうですよ。

satokimitake11
新潟工業短期大学卒業後、2005年〜2008年に新潟アルビレックスに所属した後、FA権を行使して大分ヒートデビルズへ移籍。

2008年には「bjリーグオールスターゲーム」にブースター投票2位で出場するなど人気を誇りました。

satokimitake7
そして2011年、再びFA権を行使し、地元・新潟アルビレックスに戻っています。

satokimitake1
以前からイケメンであることで知られている佐藤公威選手ですが、プライベートはかなりベールに包まれています。

satokimitake2
ブログも2008年頃から更新されていませんし、ツイッターも2011年頃から止まっています。

ただ、どうも結婚して家族がいるんじゃないのかな・・・と推測します。

その根拠は以下の3つです。

1、藤原隆充選手のブログで、「(佐藤公威が)家族で遊びに来てくれました。

」との書き込みがある。


元新潟アルビレックスBBで友人の選手が滋賀に移籍した先に遊びに寄ったと思われる佐藤選手ですが、「家族で」っていうのがちょっと気になりますよね。

ご両親とかお姉さんと一緒に友達の家に寄るってあんまりない気が。

でも新潟が地元なのでもしかしたら家族ぐるみのお付き合いをしていたのかもしれませんが。

2、上述の藤原隆充選手のブログで紹介されている写真、左手薬指に指輪をしている
satokimitake4
結婚していなくても、彼女がいなくても指輪をする男子もいますが、左手薬指というのは、結婚しているか彼女がいると考えられますよね。

3、ツイッターでの書き込み「バスケで飯を食ってる、家族を養えてるって幸せな事だね。


プロバスケットボール選手ですし、ご飯が食べられていることを幸せに思うのは普通ですが、家族を養うって・・・。

ご両親を養っているという意味に取れなくはないですが、あまりそういう言い方しないですよね。

以上の3点から、公表はされていませんがおそらく結婚して家族を持っているのではないかと思います!

新潟アルビレックスBBの注目イケメン選手2:五十嵐圭選手

igarashikei5
バスケットボール界きってのイケメンとも言われ、ファンや追っかけも存在する五十嵐圭選手。

それもそのはず、このジャニーズ顔負けのルックスでさらに長身でバスケットボール選手ですからね。

igarashikei6
かっこよすぎますよね。

五十嵐圭選手のプロフィール

igarashikei

本名五十嵐圭(いがらし けい)
愛称ケイ
生年月日1980年5月7日(43歳)
出身地新潟県上越市
身長180cm
体重70kg
血液型A型
背番号7
ポジションポイントガード(PG)
出身校真行寺幼稚園・上越市立春日新田小学校・上越市立直江津東中学校・北陸高等学校・中央大学文学部

新潟県上越市出身の五十嵐圭選手。

igarashikei3
バスケを始めたのは小学校5年生の時です。

小学校高学年になると、何か部活をしなくてはならない小学校だったため、陸上部に所属した五十嵐選手。

しかし、新潟という土地柄冬になると雪が降って屋外での陸上競技ができなくなってしまいます。

そこで当時部員が少なかったバスケ部から「バスケ部を手伝って」と言われたのが、バスケを始めたきっかけだそうです。

小学生のとき、別の小学校に通うひとつ年上の先輩でバスケの上手い子がいて、憧れていたら上越市立直江津東中学校で一緒になることに。

その先輩に「一緒にプレーしよう」と誘われ、後を追って名門・北陸高等学校へ進学しました。

北陸高校時代は親元を離れ、監督の家で下宿をしながら厳しい練習をこなす日々。

1年365日のうち、1週間くらいしか休みの日がなかったそうです。

放課後16時〜21時までチーム練習、その後個人練習を1〜2時間して23時過ぎに下宿に帰り、そこからご飯を食べて寝て、翌朝は朝練が始まる6時には体育館に行っていたというのだから、すごいですよね。

しかし当時低迷期だった北陸高等学校は、ベスト8までしか行くことができませんでした。

高校卒業後は中央大学へ。

大学在学中はインカレ(全日本大学バスケットボール選手権大会)で1年生の時に3位、3年生の時に準優勝を経験しました。

大学卒業後の2003年、日立サンロッカーズに入団。

igarashikei2
その年、日本代表にも選出されました。

igarashikei4
2006-2007シーズンから日立サンロッカーズのキャプテンを務めたのち、2009年にトヨタ自動車アルバルクに移籍。

その後三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ(2010~2016)を経て、2016年、地元の新潟アルビレックスBBに移籍しました。

igarashikei8
イケメン選手ということもありファンから熱い支持を受け、NBLオールスターに選出されたり、写真集発売などの活動もしています。

igarashikei1
プロバスケットボール選手として以外に、2013年10月1日には芸能事務所セント・フォースのアスリート部門「ゾーン」と契約

今後さらにTV出演など期待できそうです。

プライベートでは、2013年7月16日にフリーアナウンサーの本田朋子さんと結婚。

結婚記念日には仲良くディナーを楽しむ様子をブログにアップされています。

igarashikei7
本田朋子さんとは取材で知り合い、五十嵐圭さんが一目惚れしたんだとか。

バスケット界きってのイケメン選手に一目惚れされるって、すごいことですよね・・・!


関連記事
五十嵐圭選手と妻の本田朋子さんについては別の記事があり、本田さんが取得したアスリートフードマイスター資格についても詳しく触れていますのでぜひチェックしてみてください(^^)
五十嵐圭の妻は?こどもはいる?年収や現チームと戦力外通告された過去・アスリートフードマイスター資格について

新潟アルビレックスBBの注目イケメン選手3:八幡圭祐選手

yahatakeisuke
涼しげな表情と、優しそうな目が印象的なイケメン・八幡圭祐選手。

yahatakeisuke7
2015年12月、選手兼通訳として新潟アルビレックスBBに加入しました。

八幡圭祐選手のプロフィール

yahatakeisuke1

本名八幡圭祐(やはた けいすけ)
生年月日1991年2月25日(33歳)
出身地神奈川県生まれ・千葉県育ち
身長181cm
体重76kg
背番号
ポジションシューティングガード(SG)
出身校新発田市立本丸中学校・アラヌイ高校

元テニスの国際審判員のお父さん・八幡博之さんの次男として神奈川県に生まれた八幡圭祐選手。

yahatakeisuke6
元プロテニスプレーヤーでもあるお父さんは非常に熱い性格で、「熱いテニスプレーヤー」として有名な松岡修造氏もお父さんの教え子の一人なんだそうです。

そんなお父さんに連れられて、幼少期はテニスの国際試合の審判のため飛行機(ファーストクラス)で世界中を飛び回っていたそうです。

お母さんもテニス経験者だっことから、当然のように幼少期からテニスラケットを持たされていた八幡選手。

しかし、「球拾いが嫌い」という理由で、テニスの道に進みたいとは思わなかったそうです。

そんな時、1学年年上のお兄さん・幸助さんが小学校4年生の時にバスケット部に入ったことがきっかけで、体育館にバスケを観に行くように。

テニスに比べて「球拾いをしなくてもいい」こともあり、兄弟揃ってバスケにのめり込んでいった八幡兄弟に、熱いお父さんは「どうせやるならプロを目指せ」と全力でサポートをしました。

地元でも、「熱い父とバスケ熱心な八幡兄弟」と有名になる程で、兄弟揃ってミニバスチームを3つ掛け持ち、学区の中学にはバスケ部がなかったため、隣町の中学校へ。

さらに、「もっとしっかりした指導を」という思いから、兄弟揃って新潟県の新発田市立本丸中学校に転校。

この新発田市立本丸中学校のバスケットボール部の監督は、富樫勇樹選手のお父さん・富樫英樹氏

本丸中学を毎年のように全国レベルに導いていた名将でした。

その冨樫監督のもと、日本一を目指すチームでトップクラスの指導を受け、3年生の時には全国ベスト8入りを果たしました。

中学卒業を前に、お父さんが今度は「アメリカに行って本気でバスケをやりたいか?」と兄弟に提案。

英語も勉強できるし・・・と留学先を探すうちに、ニュージーランドでバスケットボールに打ち込める高校を見つけて、兄・母とニュージーランドに。

最初は仕事のため日本に残っていたお父さんも最終的にはニュージーランドに引っ越し、なんと家族でニュージーランドに移住!
なんかスケールが違いますよね・・・!
高校卒業後はニュージーランドに残ってプロ選手になることも考えた八幡兄弟でしたが、チームに1人しかない外国人枠をアメリカ人と争わなくてはならなかったこと、おじいちゃんが亡くなったことでおばあちゃんには活躍を見せてあげたいと思うようになったことなどから、日本に帰国することを決意。

yahatakeisuke7
帰国後の2011年にリンツ栃木ブレックスの下部組織・TGI D-RISEに所属し、その後浜松・東三河フェニックスを経て2015年12月に新潟アルビレックスBBに選手兼通訳として加入しました。

yahatakeisuke11
yahatakeisuke5
選手と、外国人選手の通訳ってことですよね。

ニュージーランドでつちかった英語とバスケットボールと、両方が活かせるって素晴らしいです。

試合中も、外国人選手とのコミュニケーションが取れてチーム的にも有利なんじゃないかと思います。

どんな活躍を見せてくれるか楽しみですね!
ちなみにお兄さんの八幡幸助さんも、プロバスケットボール選手として活躍中です!
東京八王子トレインズ所属の、こちらもかなりのイケメンさんですよ!
yahatakeisuke9
yahatakeisuke8
いつか兄弟対決見てみたいですね。


以上、

  • 新潟アルビレックスBBの基本情報
  • 新潟アルビレックスBB・注目イケメン選手のプロフィール

の内容でお送りしました。

Bリーグについての説明や、B1・B2の全36チームの紹介は別の記事を書いていますので、よかったらチェックしてみてくださいね!
Bリーグとは?B1・B2チーム一覧!本拠地はどこ?カラーやチーム名由来も
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
もくじ