三澤彩奈のワイン販売店グレイスワイン(山梨)はネット通販あるの?

misawaayana-win-shop-header グルメ

三澤彩奈のワイン販売店グレイスワイン(山梨)のネット通販を紹介しています。

↓代名詞とも言えるセレナシャルドネトラディッショナルメソッド

美人醸造家として話題の三澤彩奈さんが2018年2月27日23:20〜放送の「セブンルール」(フジテレビ・関西テレビ製作)に出演します。

そのため、三澤さんが醸造するワインを販売するグレイスワイン(山梨)のワインが売り切れるのではないかと言われています。

そこで今回は、三澤彩奈さんのワインを購入できるネット通販を紹介します。

1.三澤彩奈の醸造するワインのネット通販ショップは?

三澤彩奈が醸造するワインを販売しているのは山梨の中央葡萄酒が運営するワインセラー「グレイスワイン」です。

グレイスワインはショップサイトで直売をやっている他、楽天にもお店を出してます。

①グレイスワイン直販ショップ

グレイスワインは、山梨県甲州市に広大な葡萄園を持っているワイン醸造施設を併設したワインショップです。

ここの直販サイトがこちら。

【参考サイト】
グレイスワイン・オンラインショップ|中央葡萄酒株式会社

↓すごいぶどう畑ですよね

こんな凄いぶどう畑って日本にここしか無いんじゃないですかね?

世界的にも大注目ということで、海外からも視察に来る醸造関係者が多いようですよ。

暖かくなったら行ってみたいです。

試飲もさせてくれそうですよねw

②グレイスワイン楽天ショップ

グレイスワインは楽天にも店舗があります。

実店舗とほぼ同じ銘柄が揃ってますね。

予想ですが、直販サイトが先に売り切れると思います。

まず上で紹介している直販サイトで売り切れていた場合、楽天に行った時点でおそらくかなり品薄になってると考えられます。

価格は調べたら「グレイス茅ヶ岳」以外は同じでしたんで、最初に楽天で買ってしまう方が良いような気がしますね。
 

セレナシャルドネトラディッショナルメソッド

 

グレイス グリド甲州 2016

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレイス「グリド甲州2016」( 白) 720ml白)【辛口】12度720ML
価格:1944円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

グレイス茅ヶ岳(赤) 2016

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グレイス茅ヶ岳[2016](白ワイン)
価格:2376円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 
こちらは直販ショップの方が少し安いです。

直販ショップの価格=2,160 円
 

周五郎のヴァン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【グレイスワイン】 周五郎のヴァン (赤) [極甘口] 720ml
価格:2732円(税込、送料別) (2018/2/27時点)

 

この記事で先に買うワインを決めて、ショップに移動したら即買いをおすすめします。

セブンルールの反響はかなり凄いと言われているので、躊躇しているとしまった!ということになるかもしれません^^;

2.三澤彩奈について

misawaayana-win-shop-header

三澤彩奈さんは2014年にイギリスの国際ワインコンテスト「デキャンターワールドワインアワード」で金賞を受賞した醸造家です。

非常に美人なため、外見が話題となっていますが、特筆すべきはその内面です。

ストイックな性格で、物腰は柔らかいもののワインに掛ける思いは並々ならぬものがあります。

イメージとは裏腹に、醸造家は忙しく、悠長にしていたら入浴や寝る時間もないほどだそうで、常にスケジュールも過密なため体力がないと務まらないんだとか。

どの道も一流はきっとそうだと思います。

どれだけ人より努力したかが今の結果となってるわけですから。

人と同じことをしていては埋もれるだけです。

数倍の努力をしようと思ったらやはり体力が物を言います。

三澤さんはアスリートのように走り込みを欠かさないそうですよ。

また、ワイン造りに影響する香水等も一切身につけないんです。

ワイン一筋ですね。

ただ、我慢してそうしているのではなく、自然体でワインに尽くしている印象です。

根っからのワイン好き、魂の醸造家ですね。
 


 
というわけで、今回は美人醸造家・三澤彩奈さんのワインを買えるネット通販の紹介でした。

ぜひ参考にして注目のワインをゲットしてください。

このワインを餌にワインパーティを企画すれば、しばらく話題独占できるんじゃないですかね^^

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!