CUBE日本リメイク版のキャストや公開時期と主題歌から原作とのあらすじの違いまで調査

日本版CUBEのカバー画像

1997年に公開されて、不条理な状況下における命がけの脱出劇で人気になった、映画『CUBE』。

今日までたくさん発表されてきた、主人公がいきなりサバイバルゲームに巻き込まれる系の映画の走りになりました。

そんな映画『CUBE』がなんと、このたび、日本においてリメイクされることになり、反響を呼んでいます。

はたして、映画『CUBE』の日本リメイク版とは、どういった作品だったのでしょうか。

そこで、映画『CUBE』の日本リメイク版のキャスト、公開時期、主題歌を見ていきたいと思います。

映画『CUBE』の日本リメイク版の、原作とのあらすじの違いについても調べてみましたので、ご覧ください。

【関連】

1.映画『CUBE』日本リメイク版のキャスト

映画『CUBE』の日本リメイク版のキャストは、どうなっていたのでしょうか。

こちらは、想像を超えるような豪華なキャストになっていました。

主人公の後藤裕一役は菅田将暉さんでした。

ほか、甲斐麻子役は杏さん。

越智真司役は岡田将生さん。

宇野千陽役は田代輝さん。

井手寛役は斎藤工さん。

そして安東和正役は吉田鋼太郎さんでした。

菅田将暉さんは、1993221日、大阪府の出身で、20212月現在の年齢は、28歳となっています。

これまでに映画では、『セトウツミ』、『溺れるナイフ』、『帝一の國』、『あゝ、荒野』、『アルキメデスの大戦』、『糸』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』、NHK連続テレビ小説『まんぷく』、『仮面ライダーW』、『民王』、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』、『3A今から皆さんは、人質です』などに出演してきました。

杏さんは、1986414日、東京都の出身で、20212月現在の年齢は、34歳となっています。

これまでに映画では、『忍たま乱太郎』、『おかえり、はやぶさ』、『映画 妖怪人間ベム』、『プラチナデータ』、『真夏の方程式』、『劇場版 タイムスクープハンター』など。

ドラマでは、NHK大河ドラマ『平清盛』、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』、『妖怪人間ベム』、『花咲舞が黙ってない』、『デート~恋とはどんなものかしら~』、『偽装不倫』などに出演してきました。

若手からベテランまで、すばらしい布陣で、映画『CUBE』の日本リメイク版にはおおいに期待することができそうですね。

2.映画『CUBE』日本リメイク版の公開時期

このような映画『CUBE』の日本リメイク版ですが、いったい、いつ公開されるのでしょうか。

それは、20211022日となっていました。

この記事を執筆しているのは202122日現在ですので、公開まではいましばらく待たざるを得ないようですね。

なお、映画『CUBE』は、オリジナルが1997年に公開されて以降、2002年に続編である映画『キューブ2』が、2004年に完結編である映画『キューブ ゼロ』が、それぞれ、公開されてきました。

映画『CUBE』の日本リメイク版は、完結編以来、実に17年ぶりとなりますので、映画『CUBE』のファンにとっては、たまらないものがあるのではないでしょうか。

3.映画『CUBE』日本リメイク版の主題歌

映画といえば、主題歌も気になるところです。

そこで、映画『CUBE』の日本リメイク版の主題歌は何なのかを調べてみたものの、不明でした。

公開がかなり先のため、情報が明らかになるのはまだ待つ必要がありそうですね。

ただ、映画『CUBE』の日本リメイク版は、歌手でもある菅田将暉さんが主演です。

よって、菅田将暉さん自身が主題歌を担当する可能性は、それなりにあるのではないでしょうか。

4.映画『CUBE』日本リメイク版の原作とのあらすじの違い

おしまいに、映画『CUBE』の日本リメイク版の、映画『CUBE』とのあらすじの違いを見てみましょう。

映画『CUBE』の日本リメイク版も、映画『CUBE』も、6人の登場人物が密室に閉じ込められる点、命を危険にさらしながら脱出しようとする点はいっしょでした。

ただ、登場人物の設定は異なり、映画『CUBE』では、警察官のクエンティン、女医のハロウェイ、女子学生のレブン、前科者のレン、独身男のワース、コミュニケーション障害のあるカザン。

映画『CUBE』の日本リメイク版では、エンジニアの後藤裕一、団体職員の甲斐麻子、フリーターの越智真司、中学生の宇野千陽、整備士の井手寛、会社役員の安東和正となっていました。

クエンティンは後藤裕一、ハロウェイは甲斐麻子、レブンは宇野千陽に相当しそうに思いますが、それ以外の登場人物は、だれがだれなのか、予想しにくいところ。

映画『CUBE』では、劇中で死んでしまう登場人物も複数いるため、映画『CUBE』の日本リメイク版は、原作とおなじオチになるのか、改変するのかも楽しみです。

【関連】

映画『CUBE』の日本リメイク版は、映画『CUBE』に負けず劣らずの良作になりそうですね。

キャストも実績のある面々なので、頼もしい限りでした。

まだ公開は少し先のことではあるものの、映画『CUBE』の日本リメイク版を観ることができるのを心待ちにしましょう。