吉川莉早と旦那ピスタチオ小澤慎一朗の馴れ初めや結婚した理由|年収がどちらが上か考察

吉川莉早の画像

今回は、女優の吉川莉早さんと、お笑いコンビのピスタチオの小澤慎一朗さんについて、ピックアップしていきたいと思います。

実は、夫婦関係にあった、吉川莉早さんと小澤慎一朗さん。

さて、そんな吉川莉早さんと小澤慎一朗さんとは、それぞれ、どういった人たちだったのでしょうか。

ここではさっそく、吉川莉早さんと小澤慎一朗さんの馴れ初めはどういうものだったというのか、くわえて、結婚した理由とは何だったのかについても、見ていきたいと思います。

そして吉川莉早さんと小澤慎一朗さんでは、年収は、はたして、どちらのほうが上だったのでしょうか?

それでは、これらについてご覧ください。

1.吉川莉早のプロフィール

吉川莉早さんは、1985823日、奈良県の出身で、20212月現在の年齢は、35歳となっています。

血液型はO型で、趣味と特技はフルート。

取得した資格は、普通自動車免許、英検準2級、仏検5級とのこと。

フランス語の資格はすごいですよね。

女優として活躍していた吉川莉早さんは、もっぱら舞台において活動していました。

これまでに出演してきた舞台は、実に多数となっています。

『レッド・ホット・チリ・ピストルズ』、『ハリー・ポタ子』、『コメディ実験室/気象コメディ』、『前田建設ファンタジー営業部』、『ウィンカーを、美ヶ原へ』、『建てましにつぐ建てましポルカ』、『男肉 du Soleilのマーマレード男子』、『遊星ブンボーグの接近』、『ヤだなコワいななんかヘンだな』、『人の気も知らないで』など。

が、吉川莉早さんは、もちろん、映画をはじめ、ドラマなどといったテレビ番組にも出演していました。

映画では、『酒い家』、『天使のいる図書館』、『パンクしそうだ』、『検察側の罪人』、『ケアニン~こころに咲く花~』に出演しています。

ちなみに、『酒い家』では主演でした。

ドラマでは、『インテリワードBAR 見えざるピンクのユニコーン』、『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』、『安楽椅子探偵ON STAGE』、『ハロー張りネズミ』、『後妻業』。

それ以外のテレビ番組では、『ヨーロッパ企画の暗い旅』、『ヨーロッパ企画の26世紀フォックス』、『有吉ゼミ』に出演しています。

また、ラジオドラマでは、『6 COLORS』、『100億分の1のオトン』に出演しています。

続いては、これだけ活躍していた吉川莉早さんの旦那である小澤慎一朗さんについて、見ていきましょう。

2.吉川莉早の旦那ピスタチオ小澤慎一朗のプロフィール

小澤慎一朗さんは、1988915日、東京都の出身で、20212月現在の年齢は、32歳となっています。

所属は吉本興業。

身長は172センチ、体重は60キロ、血液型はAB型でした。

吉川莉早さんの旦那であり、お笑いコンビのピスタチオのツッコミ担当です。

そんな小澤慎一朗さんは、2010年、ボケ担当の伊地知大樹さんとピスタチオを結成。

その後、ピスタチオとして、『アメトーーク』内の「ザキヤマ&フジモンがパクリたい-1グランプリ」で優勝するなど、実力を発揮していきました。

ピスタチオがこれまでに出演してきたテレビ番組は、『爆笑シャットアウト!』、『うつけもん』、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』、『ペケ×ポンプラス』、『ZOOM UP!』、『めちゃ²イケてるッ!』など。

ドラマは、『三匹のおっさん2~正義の味方、ふたたび!!~』、『でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~』となっています。

さらに、小澤慎一朗さんは、すごいことに、ピンとして、サントリーのCMで、堺雅人さん、杉咲花さん、成田凌さん、ゆりやんレトリィバァさん、トミー・リー・ジョーンズさんと共演していました。

3.吉川莉早と旦那ピスタチオ小澤慎一朗の馴れ初めや結婚した理由

このような吉川莉早さんと小澤慎一朗さんですが、2人の馴れ初め、結婚した理由は、何だったのでしょうか。

吉川莉早さんと小澤慎一朗さんは、2020108日に結婚しました。

そのキッカケは、2019年に、舞台『No.2』で共演したことだったのです。

ただし、劇中での役どころは、吉川莉早さんは、小澤慎一朗さんではなく、伊地知大樹さんの交際相手というものだったとか。

それでも小澤慎一朗さんとゴールインとは興味深いですよね。

なお、小澤慎一朗さんは、伊地知大樹さんに、結婚をYouTubeで報告していたのでした。

4.吉川莉早と旦那ピスタチオ小澤慎一朗は年収がどちらが上か考察

さて、吉川莉早さんと小澤慎一朗さんは、年収は、どちらが多かったのでしょう。

こちらは明かされていないため、なんとも言えません。

おそらくは旦那であるピスタチオ小澤慎一朗さんの方がCM等の露出が多いため年収は上なんじゃないでしょうか?

ただし、吉川莉早さんより小澤慎一朗さんのほうが巨大事務所所属ながら、基本的な活動はコンビであるため、年収はそこまで大差がないのかもしれませんね。

一方で年収はともかく、ピスタチオ小澤慎一朗さんの実家は、祖父が「ダイヤブロック」で有名な株式会社カワダの創設メンバーだったということで大変なお金持ち。

お金に関するイニシアチブは小澤慎一朗さんがとっていると見て良いでしょう。

お二人の年収についてもおいおい、分かってくることに期待しましょう。

吉川莉早さんも、小澤慎一朗さんも、ジャンルは異なるものの、それぞれご活躍で、何よりでした。

20213月現在、結婚から4ヶ月しか経っていないものの、今後もお幸せになってほしいものです。

それぞれ、応援してまいりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)