新元号は既に決定?選定方法と候補や元号一覧と過去のイニシャルを調査

new-era-name

元号は1人の天皇にひとつ設定されるもので、皇位の継承があった際に改められます。

この記事では、平成の次の元号を「新元号」として、選定方法や新元号候補、過去の元号一覧やイニシャルを紹介しています。

関連記事のIDを正しく入力してください

1.新元号は既に決定してる?

新元号は2019年5月1日から使用されることが決定していますが、具体的にどの漢字が使われるかはまだ決まっていません。
(2019年1月現在)

では、いつ決まるんでしょうか?

新元号が決まるのは2019年4月1日です。

この日に決定し、同日に発表されます。

ただし、実際には本命は既に決定しているか、発表前に決定し、残りの候補はダミーである可能性が高いようですね。

当初4月11日に発表するとされていましたが、パソコンOSのWindowsがその日に更新されるということで、混乱を避けるために前倒しされたと言われています。

決定と同日に発表される理由は、事前にスクープさせないためということです。


2.新元号の選定方法は?

新元号の選定方法は公表されていませんが、元号法という法律では、「元号は政令で定める」と書かれています。

冒頭で書いたように、一人の天皇につきひとつの元号というのが決まっているんです(一世一元の制)。

過去の元号は、645年の大化の改新からスタートして、平成は250個目の元号です。


3.新元号の候補や元号一覧とイニシャル

実際の新元号の候補が何なのかは公表されていません。

日本政府が新元号を作成するよう、特定の人物を個別に指名する言われていますが、事前にそれが誰なのかは非公表。

新元号作成の手法は不明ですが、おそらく、過去の元号を参考にしているのではないかと思われます。

では、

過去の元号一覧を見てみましょう。

元号 読み方 西暦 頭文字
1 大化 たいか 645~650 T
2 白雉 はくち 650~654 H
3 朱鳥 しゅちょう 686 S
4 大宝 たいほう 701~704 T
5 慶雲 きょううん 704~708 K
6 和銅 わどう 708~715 W
7 霊亀 れいき 715~717 R
8 養老 ようろう 717~724 Y
9 神亀 じんき 724~729 J
10 天平 てんぴょう 729~749 T
11 天平感宝 てんぴょうかんぽう 749 T
12 天平勝宝 てんぴょうしょうほう 749~757 T
13 天平宝字 てんぴょうほうじ 757~765 T
14 天平神護 てんぴょうじんご 765~767 T
15 神護景雲 じんごけいうん 767~770 J
16 宝亀 ほうき 770~781 H
17 天応 てんおう 781~782 T
18 延暦 えんりゃく 782~806 E
19 大同 だいどう 806~810 D
20 弘仁 こうにん 810~824 K
21 天長 てんちょう 824~834 T
22 承和 じょうわ 834~848 J
23 嘉祥 かしょう 848~851 K
24 仁寿 にんじゅ 851~854 N
25 斉衡 さいこう 854~857 S
26 天安 てんあん 857~859 T
27 貞観 じょうがん 859~877 J
28 元慶 がんぎょう 877~885 G
29 仁和 にんな 885~889 N
30 寛平 かんぴょう 889~898 K
31 昌泰 しょうたい 898~901 S
32 延喜 えんぎ 901~923 E
33 延長 えんちょう 923~931 E
34 承平 じょうへい 931~938 J
35 天慶 てんぎょう 938~947 T
36 天暦 てんりゃく 947~957 T
37 天徳 てんとく 957~961 T
38 応和 おうわ 961~964 O
39 康保 こうほう 964~968 K
40 安和 あんな 968~970 A
41 天禄 てんろく 970~973 T
42 天延 てんえん 973~976 T
43 貞元 じょうげん 976~978 J
44 天元 てんげん 978~983 T
45 永観 えいかん 983~985 E
46 寛和 かんな 985~987 K
47 永延 えいえん 987~989 E
48 永祚 えいそ 989~990 E
49 正暦 しょうりゃく 990~995 S
50 長徳 ちょうとく 995~999 C
51 長保 ちょうほう 999~1004 C
52 寛弘 かんこう 1004~1012 K
53 長和 ちょうわ 1012~1017 C
54 寛仁 かんにん 1017~1021 K
55 治安 じあん 1021~1024 J
56 万寿 まんじゅ 1024~1028 M
57 長元 ちょうげん 1028~1037 C
58 長暦 ちょうりゃく 1037~1040 C
59 長久 ちょうきゅう 1040~1044 C
60 寛徳 かんとく 1044~1046 K
61 永承 えいしょう 1046~1053 E
62 天喜 てんぎ 1053~1058 T
63 康平 こうへい 1058~1065 K
64 治暦 じりゃく 1065~1069 J
65 延久 えんきゅう 1069~1074 E
66 承保 じょうほう 1074~1077 J
67 承暦 じょうりゃく 1077~1081 J
68 永保 えいほう 1081~1084 E
69 応徳 おうとく 1084~1087 O
70 寛治 かんじ 1087~1094 K
71 嘉保 かほう 1094~1096 K
72 永長 えいちょう 1096~1097 E
73 承徳 じょうとく 1097~1099 J
74 康和 こうわ 1099~1104 K
75 長治 ちょうじ 1104~1106 C
76 嘉承 かしょう 1106~1108 K
77 天仁 てんにん 1108~1110 T
78 天永 てんえい 1110~1113 T
79 永久 えいきゅう 1113~1118 E
80 元永 げんえい 1118~1120 G
81 保安 ほうあん 1120~1124 H
82 天治 てんじ 1124~1126 T
83 大治 だいじ 1126~1131 D
84 天承 てんしょう 1131~1132 T
85 長承 ちょうしょう 1132~1135 C
86 保延 ほうえん 1135~1141 H
87 永治 えいじ 1141~1142 E
88 康治 こうじ 1142~1144 K
89 天養 てんよう 1144~1145 T
90 久安 きゅうあん 1145~1151 K
91 仁平 にんぺい 1151~1154 N
92 久寿 きゅうじゅ 1154~1156 K
93 保元 ほうげん 1156~1159 H
94 平治 へいじ 1159~1160 H
95 永暦 えいりゃく 1160~1161 E
96 応保 おうほう 1161~1163 O
97 長寛 ちょうかん 1163~1165 C
98 永万 えいまん 1165~1166 E
99 仁安 にんあん 1166~1169 N
100 嘉応 かおう 1169~1171 K
101 承安 じょうあん 1171~1175 J
102 安元 あんげん 1175~1177 A
103 治承 じしょう 1177~1181 J
104 養和 ようわ 1181~1182 Y
105 寿永 じゅえい 1182~1184 J
106 元暦 げんりゃく 1184~1185 G
107 文治 ぶんじ 1185~1190 B
108 建久 けんきゅう 1190~1199 K
109 正治 しょうじ 1199~1201 S
110 建仁 けんにん 1201~1204 K
111 元久 げんきゅう 1204~1206 G
112 建永 けんえい 1206~1207 K
113 承元 じょうげん 1207~1211 J
114 建暦 けんりゃく 1211~1213 K
115 建保 けんぽう 1213~1219 K
116 承久 じょうきゅう 1219~1222 J
117 貞応 じょうおう 1222~1224 J
118 元仁 げんにん 1224~1225 G
119 嘉禄 かろく 1225~1227 K
120 安貞 あんてい 1227~1229 A
121 寛喜 かんぎ 1229~1232 K
122 貞永 じょうえい 1232~1233 J
123 天福 てんぷく 1233~1234 T
124 文暦 ぶんりゃく 1234~1235 B
125 嘉禎 かてい 1235~1238 K
126 暦仁 りゃくにん 1238~1239 R
127 延応 えんおう 1239~1240 E
128 仁治 にんじ 1240~1243 N
129 寛元 かんげん 1243~1247 K
130 宝治 ほうじ 1247~1249 H
131 建長 けんちょう 1249~1256 K
132 康元 こうげん 1256~1257 K
133 正嘉 しょうか 1257~1259 S
134 正元 しょうげん 1259~1260 S
135 文応 ぶんおう 1260~1261 B
136 弘長 こうちょう 1261~1264 K
137 文永 ぶんえい 1264~1275 B
138 建治 けんじ 1275~1278 G
139 弘安 こうあん 1278~1288 K
140 正応 しょうおう 1288~1293 S
141 永仁 えいにん 1293~1299 E
142 正安 しょうあん 1299~1302 S
143 乾元 けんげん 1302~1303 K
144 嘉元 かげん 1303~1306 K
145 徳治 とくじ 1306~1308 T
146 延慶 えんぎょう 1308~1311 E
147 応長 おうちょう 1311~1312 O
148 正和 しょうわ 1312~1317 S
149 文保 ぶんぽう 1317~1319 B
150 元応 げんおう 1319~1321 G
151 元亨 げんこう 1321~1324 G
152 正中 しょうちゅう 1324~1326 S
153 嘉暦 かりゃく 1326~1329 K
154 元徳 げんとく 1329~1331 G
155 元徳 げんとく 1329~1332 G
156 元弘 げんこう 1331~1334 G
157 正慶 しょうけい 1332~1333 S
158 建武 けんむ 1334~1336 K
159 建武 けんむ(北朝) 1334~1338 J
160 延元 えんげん(南朝) 1336~1340 E
161 暦応 りゃくおう(北朝) 1338~1342 R
162 興国 こうこく(南朝) 1340~1346 K
163 康永 こうえい(北朝) 1342~1345 K
164 貞和 じょうわ(北朝) 1345~1350 J
165 正平 しょうへい(南朝) 1346~1370 S
166 観応 かんおう(北朝) 1350~1352 K
167 文和 ぶんな(北朝) 1352~1356 B
168 延文 えんぶん(北朝) 1356~1361 E
169 康安 こうあん(北朝) 1361~1362 K
170 貞治 じょうじ(北朝) 1362~1368 J
171 応安 おうあん(北朝) 1368~1375 O
172 建徳 けんとく(南朝) 1370~1372 K
173 文中 ぶんちゅう(南朝) 1372~1375 B
174 天授 てんじゅ(南朝) 1375~1381 T
175 永和 えいわ(北朝) 1375~1379 E
176 康暦 こうりゃく(北朝) 1379~1381 K
177 弘和 こうわ(南朝) 1381~1384 K
178 永徳 えいとく(北朝) 1381~1384 E
179 元中 げんちゅう(南朝) 1384~1392 G
180 至徳 しとく(北朝) 1384~1387 S
181 嘉慶 かきょう(北朝) 1387~1389 K
182 康応 こうおう(北朝) 1389~1390 K
183 明徳 めいとく(北朝) 1390~1394 M
184 明徳 めいとく(統一) 1392~1394 M
185 応永 おうえい 1394~1428 O
186 正長 しょうちょう 1428~1429 S
187 永享 えいきょう 1429~1441 E
188 嘉吉 かきつ 1441~1444 K
189 文安 ぶんあん 1444~1449 B
190 宝徳 ほうとく 1449~1452 H
191 享徳 きょうとく 1452~1455 K
192 康正 こうしょう 1455~1457 K
193 長禄 ちょうろく 1457~1460 C
194 寛正 かんしょう 1460~1466 K
195 文正 ぶんしょう 1466~1467 B
196 応仁 おうにん 1467~1469 O
197 文明 ぶんめい 1469~1487 B
198 長享 ちょうきょう 1487~1489 C
199 延徳 えんとく 1489~1492 E
200 明応 めいおう 1492~1501 M
201 文亀 ぶんき 1501~1504 B
202 永正 えいしょう 1504~1521 E
203 大永 たいえい 1521~1528 T
204 享禄 きょうろく 1528~1532 K
205 天文 てんぶん 1532~1555 T
206 弘治 こうじ 1555~1558 K
207 永禄 えいろく 1558~1570 E
208 元亀 げんき 1570~1573 G
209 天正 てんしょう 1573~1592 T
210 文禄 ぶんろく 1592~1596 B
211 慶長 けいちょう 1596~1615 K
212 元和 げんな 1615~1624 G
213 寛永 かんえい 1624~1644 K
214 正保 しょうほう 1644~1648 S
215 慶安 けいあん 1648~1652 K
216 承応 じょうおう 1652~1655 J
217 明暦 めいれき 1655~1658 M
218 万治 まんじ 1658~1661 M
219 寛文 かんぶん 1661~1673 K
220 延宝 えんぽう 1673~1681 E
221 天和 てんな 1681~1684 T
222 貞享 じょうきょう 1684~1688 J
223 元禄 げんろく 1688~1704 G
224 宝永 ほうえい 1704~1711 H
225 正徳 しょうとく 1711~1716 S
226 享保 きょうほう 1716~1736 K
227 元文 げんぶん 1736~1741 G
228 寛保 かんぽう 1741~1744 K
229 延享 えんきょう 1744~1748 E
230 寛延 かんえん 1748~1751 K
231 宝暦 ほうれき 1751~1764 H
232 明和 めいわ 1764~1772 M
233 安永 あんえい 1772~1781 A
234 天明 てんめい 1781~1789 T
235 寛政 かんせい 1789~1801 K
236 享和 きょうわ 1801~1804 K
237 文化 ぶんか 1804~1818 B
238 文政 ぶんせい 1818~1830 B
239 天保 てんぽう 1830~1844 T
240 弘化 こうか 1844~1848 K
241 嘉永 かえい 1848~1854 K
242 安政 あんせい 1854~1860 A
243 万延 まんえん 1860~1861 M
244 文久 ぶんきゅう 1861~1864 B
245 元治 げんじ 1864~1865 G
246 慶応 けいおう 1865~1868 K
247 明治 めいじ 1868~1912 M
248 大正 たいしょう 1912~1926 T
249 昭和 しょうわ 1926~1989 S
250 平成 へいせい 1989~2019 H
251 2019〜

 
この中でもっとも多いイニシャルは

「K」で、ダントツの62回です。

一覧にすると、

イニシャル 使用回数
K 62
T 32
E 27
J 23
S 18
G 17
B 15
C 12
H 11
M 9
O 7
A 5
N 5
R 3
D 2
Y 2
W 1

 

となります。

ちなみに、1度も使われていないのは、

F、I、L、P、Q、U、V、X、Z

の9個です。

この中で現実的に使われても
おかしくないのは、

F、I、U、Z

ですね。

おそらくはイニシャル表記する

M(明治)
T(大正)
S(昭和)
H(平成)

は使わないと考えられるので、

K、E、J、G、B
C、O、A、N、R
D、Y、W、F、I
U、Z

の17文字のいずれかの
イニシャルになる可能性が
高いです。

専門家たちの予想では、

感永(かんえい)
喜永(きえい)
景星(けいせい)
玉英(ぎょくえい)

などが上がっています。

めざましテレビでは

幸成(こうせい)
というのが出てました。

平成の時代は、
インターネットが普及して
情報に溢れ、

次第に社会が不寛容に
なっていきました。

この流れを止めるよう、
より「寛容」な世界を
作っていくべきだと考える
人も多いようです。

そのため、

過去に先頭の文字として
14回使われている

「寛」

で始まる元号になる
可能性もかなりあると
思います。

過去に後ろの文字として
3回使われている

「化」という字と組み合わせて

「寛化」とか。

予想を考えるのも
楽しいですよね。

[catpostlist catid=”1361"]

 


 
以上、

今回は新元号についてでした。

もしかしたら、
最初耳にした時に
違和感のある元号が
発表されるかもしれません。

平成のときも最初は違和感が
ありつつも、

次第に慣れて親まれるように
なりました。

どんな元号になっても、

ちょっと時間が経てば
他の言葉のことなんて
誰も考えなくなります。

今だけの不思議な感覚なので
じっくりと味わって過ごしたい
ものですね。

最後まで見ていただき
ありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク