児玉千明福井県高浜町議会議員の変顔獣肉投稿画像の目がヤバイ|炎上理由や釈明内容も調査

kodamachiaki-sns-eye

今、福井県高浜町議会議員の児玉千明さんという女性が騒ぎになっているようですね。

町議会議員が炎上してしまったということで、そうとうレアなケースですが、渦中の児玉千明さんのプロフィールと経歴はどうなっているのでしょう。

変顔画像のSNS投稿が不適切だとか、獣肉投稿写真の目がおかしいということなので、気になりますね。

児玉千明さんの炎上への釈明内容や、高浜町民はどう見ているのかについても、確認していきましょう。


1.児玉千明議員のプロフィールと経歴

今回、はからずも炎上してしまった、福井県高浜町議会議員の児玉千明さん。

いったい、どのようなプロフィールの持ち主だったのか、見ていきたいと思います。

児玉千明さんは、1988年11月26日、福井県高浜町出身の30歳。

全国津々浦々で育った後、中学時代に福井県高浜町に戻ることに。

のちに述べますように、これがキッカケで今回の炎上騒動が勃発することになるとは、夢にも思わなかったことでしょう。

さて、町議会議員という仕事だけに、児玉千明さんがどういう経歴なのかが気になったのですが、もとは美容師でした。

やったことはともかく見た目は美人なので違和感はありませんが、美容師が町議会議員というのはあまり聞きませんよね。

が、その後、猟友会に入って、炎上の原因となってしまう、狩猟の道へと進むことに。

美容師から狩猟というのもすごい流れですよね。

そんな児玉千明さんがどうして町議会議員に?ということですが、実におどろくべき経緯がありました。

選挙に関わったことがあった兄から、高浜町議会議員選挙が無投票になりそうな状況への懸念から、立候補をすすめられたというわけでした。

つまり、政治とは無縁だった女性がいきなり町議会議員になったというわけです。

初当選は2016年で、現在、1期目。

狩猟をしていた経験から狩りガールと称されていたとのこと。

児玉千明の狩りガール姿の画像

当選順位は定数14人中4位だったといいますから、有権者からの期待は高かったようですが、恩を仇で返す結果となると、当選時にだれが想像できたことでしょう。


2.児玉千明議員の変顔画像つきSNS投稿が不適切と炎上

児玉千明さんが炎上してしまった理由とは、どんなものだったのでしょうか。

それはよくありがちな、SNSへの不適切写真の投稿というもの。

不適切というからには、どんな写真なのかが気になりますが、なんと、獣肉写真だったのです。

もうお分かりでしょうが、児玉千明さんは、猟友会で狩猟をしていたため、動物をしとめる機会も少なくありませんでした。

それはともかく、SNSに投稿された写真は、獣肉の前で包丁を握っているといったもので、これ自体が不適切とされましたが、とくに話題になったのは目がおかしかったこと。

なんと、白目をむいて笑うという変顔を披露していたのです。

映画『銀魂』の橋本環奈さんならともかく、町議会議員が獣肉写真といっしょにこれでは、さすがに笑えませんねえ…。

炎上したのも必然というものでしょう。


3.児玉千明議員の釈明内容

変顔とセットで獣肉写真をSNSに投稿し、大炎上してしまった、児玉千明さん。

その後、さっそく釈明を余儀なくされることとなりました。

その釈明内容ですが、あくまで、猟友会で狩猟に関わって来た経験などから、鳥獣を処理するさいのよくないイメージを変えたかったとのこと。

しかし、結果的には、イメージをよくするどころか、最悪なものにしてしまったのでした。

もし、SNSへの画像投稿の理由が主張する通りのものだったとしても、若い女性の白目微笑状態の変顔獣肉写真を見て、鳥獣を処理するイメージがよくなるとは、とても思えませんよね。

児玉千明さんは高浜町に迷惑をかけたことを詫びましたが、風評被害が日本中の狩猟業界に波及するようなことがないよう祈るばかりです。

4.児玉千明議員に対する高浜町民の見方は?

この一連の児玉千明さんの騒動に対して、高浜町民の見方は、どうなっていたのでしょうか?

高浜町民の意見といいますか、ネットは大荒れで、辞職を求める声が噴出していました。

現実においても、動物愛護団体から辞職を求める動きが出始めるなど、炎上は収まる気配がありません。

このようすでは、高浜町民の考えも似たものでしょう。

町が全国の恥になってしまったわけですからね。

なお、ネットでは、人間が獣肉を食べて生きている観点からの獣肉写真そのものを擁護する声はありましたが、変顔を擁護する声はほぼ見られませんでした。


美容師、猟師、町議会議員という、あまりにも異色の経歴を持っていた、児玉千明さん。

ルックスも美人ですし、これだけのめずらしいキャリアを生かして、もっといい意味で有名になれたはずなのに、もったいなさすぎますね。

町議会議員を辞めても、美容師や猟師でやっていけそうに思えますが、今後の進退がどうなるのかに注目してまいりましょう。

スポンサーリンク