林家こん平の病気と現在!娘や妻等の家族や弟子の林家たい平との関係も

林家こん平の病気と現在!娘や妻等の家族や弟子の林家たい平との関係も
林家こん平が親指を立てて元気な画像
林家こん平さんは笑点でお馴染みの元気な落語家さんですよね。

ここ10数年は難病を患い闘病生活を送っています。

今どうしているのか、病気の具合はどうなのか気になっている方も多いと思います。

そこで今回は林家こん平さんの病気や現在の様子、娘や妻・弟子の林家たい平さんとの関係についてお送り致します。

林家こん平プロフィール

林家こん平の元気な頃の写真チャラーン
本名 笠井光男(かさい みつお)
生年月日 1943年3月12日(78歳)
出身地 新潟県長岡市千谷沢(旧・仮羽郡千谷沢村)
血液型 A型
所属 落語協会
趣味 卓球

林家こん平さんの出身地は新潟県の長岡市ですが、旧地名は仮羽郡千谷沢村です。

こん平さんが笑点で千谷沢村を「チャーザー村」と呼んだんですが、その響きが可愛く、多くの方に浸透しました。

正式な読み方は「ちやざわむら」ですが今は無き千谷沢村のあった地域(現在の長岡市千谷沢)は親しみを込めてチャーザー村と呼ばれています。

若かりしこん平さんは初代林家三平さんのお弟子さんです。

当時林家三平さんは二ツ目という階級でした。

二ツ目は原則弟子を取れないことになっていましたが、こん平さんの熱意に折れて特例で弟子入りが認められたのだそうです。

なぜ「こん平」という名前なのかというと、入門当時は痩せていて顔が狐に似ていたんだそうです。

林家こん平の若い頃の写真きつねに似ていたためこん平に
↑若い頃の林家こん平さん
一門の皆できつねうどんを食べている際に三平師匠の妻・香葉子さんがひらめいてこん平が良いんじゃないの?ということで決まったと言われています。

1980年9月に三平さんが亡くなり、1978年〜1983年に起こった落語協会の分裂騒動も相まって孤立状態になりそうだった林家三平一門の落語家たちを統率して一派をまとめ上げました。

こん平さんが病気になり笑点で2004年9月より空席となった位置には座布団が積まれたままにされるなど、誰もがこん平さんの復帰を待ち続けているのはこうした功績があるからなんですね。

2004年12月からは弟子の林家たい平さんがこん平さんの代役として出演していました。

たい平さんは2006年5月からは正式に後任として出演しています。

林家こん平の病気の具合や現在の様子

林家こん平の元気な頃のオレンジの袴着姿アップ
林家こん平さんの病気や現在の様子について見ていきましょう。

林家こん平の病気について

林家こん平さんの病気についてです。

こん平さんは2004年の8月に声帯に異常が起こり入院しました。

声を商売道具にする噺家(はなしか)にとって声帯は命のようなものです。

その治療は慎重に行われ入院は非常に長引きました。

弟子のこぶ平さんが9代目正蔵を襲名するタイミングに合わせて復帰する予定でしたが間に合いませんでした。

2005年に声帯に異常が見つかった際に多発性硬化症も発症していたということで、単に声帯の治療のみで入院が長引いていたのではないことが分かりました。

多発性硬化症は脳や脊髄に異常が起こり身体のいたる所の神経に様々な症状が起こったり寛解したりを繰り返す病気です。

症状も人によって様々で、急激に起こることもあれば気づかないうちに徐々に進行していくこともあるそうです。

多発性硬化症の原因は不明とされていますが、過労やストレス・ウイルス等の感染や自己免疫疾患がきっかけとなると言われています。

また、こん平さんは糖尿病を患っています。

2013年に糖尿病が原因で左足が壊死し、呼吸困難となってしまいました。

緊急入院をしましたが一時的に心肺停止になったそうです。

迅速な治療により一命をとりとめましたが、状態が非常に深刻であることが明らかになりました。

林家こん平の現在の様子

林家こん平さんの数年前から現在の様子について見てみましょう。

こん平さんは2013年に糖尿病の合併症によって壊死した左足の指を切断し懸命にリハビリをしています。

その様子は2014年の「24時間テレビ」で放送されました。

林家こん平が2014年の24時間テレビに出演した時の画像
↑2014年の24時間テレビ出演時の林家こん平さん
2015年の「24時間テレビ」出演時には笑点のメンバーに支えられながらチャラーンを披露しました。

林家こん平が2015年の24時間テレビに出演した時の様子
↑2015年の24時間テレビ出演時の林家こん平さん
自力で動くことはかなり大変な様子でした。

中々状態が良くならず復帰も遠い中、声を振り絞るこん平さんの姿は非常に感動的でしたね。

一時は趣味の卓球が出来るほど回復しているという報道もありましたし、その様子も画像で確認できましたが、現在は自由に動くことは無理なんじゃないかという印象です。

卓球をする林家こん平さんの画像
それでも諦めること無く復帰に向けて努力している林家こん平さん。

その姿を見て多くの方が勇気をもらっています。

林家こん平の娘や妻などの家族

笑点出演時の林家こん平
林家こん平さんの家族について見てみましょう。

こん平さんの闘病を支える人物として次女の咲さんが時々メディアで取り上げられています。

こん平さんの他のご家族は妻と長女がいらっしゃいます。

奥さんと長女の方のお名前等は情報がまったく無いので残念ながら分かりません。

ですが次女の咲さん同様こん平さんを支えているのは間違いありません。

林家こん平と弟子・林家たい平との関係

hayasiya-konnpei-taihei
林家こん平さんと弟子の林家たい平さんとの関係について見てみましょう。

林家たい平さんは埼玉県秩父市の出身で武蔵の芸術大学を卒業しています。

これまでの落語家の方と比べて経歴がかなり特殊なことから、こん平さんはすぐには弟子入りを許可しませんでした。

1年間、初代林家三平さんの妻・香葉子さんの自宅で住み込み修行をさせたそうです。

慎重ですよね。

1988年8月、住み込み修行後に正式に弟子入りを認めました。

林家こん平の弟子の林家たい平
林家たい平さんについては個別の記事がありますのでぜひチェックしてみてください。

林家たい平の年齢や身長は?子供や妻の画像!弟子はいるの?
その後師匠としてこん平さんはたい平さんに多くのことを伝えていきました。

現在ではたい平さんはこん平さんの闘病を支える家族の一人としてサポートしています。

2005年から笑点でこん平さんの抜けた穴を埋め後任を務め上げているたい平さんは、
「師匠の弟子になれて良かったと思います。

師匠が病気になってからもたくさんのことを教えてもらっています。

ずっと師匠の座布団は守っていますので、いつでも帰って来て下さい。


という言葉を残しています。

二人の絆の深さを確認できる感動的なシーンでした。

林家たい平さんは落語家として様々な活動をしながら笑点メンバーを努め、秩父市の観光大使として地元のアピールもおこなっています。

多忙ですよね。

そのような中でも熱心に師匠のこん平さんを支えています。

体力的にも大変なことだと思います。

中々出来ることではないですよね。

このように、林家こん平さんと林家たい平さんの関係は、ただの師弟関係ではなくお互いに家族以上の存在であると言えますね。

以上、今回は林家こん平さんの病気や現在の様子、娘や妻・弟子の林家たい平さんとの関係についてお送り致しました。

落語協会のこん平さんのたくさんのお弟子さんはじめ、ご家族やファンの皆さんのためにも病気を克服して復活するところを見せて欲しいですね。

こん平さんの今後について注意して見ていきたいと思います。

芸能界には林家こん平さんや林家たい平さんを始め、たくさんの林家さんがいますよね。

そこで林家◯◯さんを全員まとめた記事をご用意していますので気になった方は読んでみてください。

林家三平・たい平・こん平!全員で何人?林家まとめ!正蔵・木久蔵も
最後まで読んでいただきありがとうございました。