青山学院大学の箱根駅伝2019メンバーは?成績や選手の順位・記録も

青山学院神野大地がトップで往路ゴールする画像 箱根駅伝

全日本大学駅伝で2年ぶり2度目の優勝(2018年11月4日)

出雲駅伝でも優勝した青学は、箱根駅伝で5連覇と2度目の大学駅伝3冠を目指すことになりました。

結果詳細は下で紹介しています。
 

青山学院大学は2018年の箱根駅伝で優勝して、4連覇達を成しました。

2018年の箱根駅伝では往路こそ東洋大学に先行されましたが、6区山下りで小野田勇次選手が逆転して以降は危なげないレース展開でぶっちぎりました。

史上6校目ということです。

2017年は出雲駅伝では下級生に実力者が揃う東海大に敗れました。

東海大は今大会青山学院に勝って優勝するんじゃないかと予想されていましたが、關颯人選手(2年)の欠場が響いて最終順位は3位。

無敵の青学に陰りが見え始めてるのは確かですが、まだまだ壁は高かったです。

さて、青山学院ですが、選手層が厚過ぎるため、他の大学ならレギュラーになれたはずの選手が補欠に回ってしまうなど、選手個人的には周囲の期待に応えられなかったという気持ちもあるかもしれません。

そこで今回は青山学院大学の全選手の記録を調べてみました。

それに加えて過去の箱根駅伝の成績についてもお送り致します。

青学が凄い理由はコレを見ると分かりますね。
フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた47の言葉

原晋監督は営業マン時代の経験を最大限に活かしているということです。

陸上関連の人だけでなく、ビジネスで起業した人やこれから独立したり会社を立ち上げようとする人におすすめです。

また、組織改革や新事業の部署を立ち上げるような会社の管理職等の人にも良いと思いますよ。

鈴木塁人(青山学院大学)のベストタイムや成績は?出身高校はどこ?

2016.12.27

原晋監督(青山学院)の出した本は?妻や子供はいる?講演での名言も

2016.08.15

神野大地がかわいい!身長は?彼女はいる?怪我(骨折)は?

2016.01.01

1.青山学院大学の箱根駅伝メンバー2018

青山学院神野大地がトップで往路ゴールする画像
 

阿山学院大学の箱根駅伝2019メンバーはまだ決まっていません(2018年10月16日現在)。

メンバーが決定次第お伝えします。

エントリー発表は2018年12月29日予定!

それまでは2018年メンバーを掲載しておきます。

①青山学院大学 箱根駅伝2018区間エントリーと成績

※前回の内容です。
箱根駅伝2019のエントリー情報は2018年12月更新予定。

2018年の区間エントリー選手は以下のとおりです。

下田裕太選手は当初補欠でエントリーされてましたが、やはり変更で復路に起用されてきましたね。

区間 選手 学年 区間順位・記録
1区 鈴木 塁人 2年 5位・1時間02分41秒
2区 森田 歩希 3年 1位・1時間07分15秒
3区 田村 和希 4年 2位・1時間02分41秒
4区 梶谷 瑠哉(りゅうや) 3年 9位・1時間03分39秒
5区 竹石 尚人 2年 5位・1時間12分49秒
6区 小野田 勇次 3年 1位・58分03秒
7区 林 奎介 3年 1位・1時間02分16秒
8区 下田 裕太 4年 1位・1時間04分46秒
9区 近藤 修一郎 4年 9位・1時間11分51秒
10区 橋間 貴弥 3年 2位・1時間11分38秒

 
青学優勝メンバーの学年を見てみると、

2年生が2人
3年生が5人

いますね。

王者に陰りが・・・と言われていますが、まだまだフレッシュじゃないでしょうか。

今回は自分の走りではなかった梶谷瑠哉選手も最終学年となる2019年は万全に仕上げてくると思われますし、原晋監督は5連覇狙っていい選手を入れてくるでしょうし、何より経験を生で伝えられる事が大きいです。

これは長期政権になるかもしれませんね。

②青山学院大学 箱根駅伝2019登録メンバー

以下は青山学院大学の長距離選手を2018年10月時点の10000mのベストタイムが速い順に並べた表です。

赤い字は1000m28分台の選手です。

名前 学年 5000mベスト 10000mベスト
鈴木塁人 3年 13.53.20 28.31.66
梶谷瑠哉 4年 13.55.69 28.43.76
森田歩希 4年 13.54.18 28.44.62
橋詰大彗 4年 13.37.75 28.56.06
小野田勇次 4年 13.46.93 28.57.30
林奎介 4年 13.57.41 29.05.97
橋間貴弥 4年 14.08.68 29.08.85
富田浩之 4年 13.58.17 29.11.75
吉田祐也 3年 14.02.18 29.17.48
山田滉介 4年 14.04.81 29.21.74
竹石尚人 3年 14.05.40 29.22.79
生方敦也 3年 13.59.61 29.24.73
田圭太 2年 13.50.67 29.25.80
岩見秀哉 2年 14.03.09 29.27.78
植村拓未 3年 14.10.75 29.36.88
田辺浩司 3年 14.17.90 29.44.65
中村友哉 3年 13.56.81 29.51.51
森川弘康 2年 14.19.74 29.51.76
新号健志 2年 14.24.60 29.58.28
永井拓真 3年 14.09.35 30.02.58
松田岳大 4年 14.16.32 30.05.67
湯原慶吾 1年 14.00.71 30.15.31
花輪瑞貴 3年 14.15.05 30.17.86
松葉慶太 2年 14.19.75 30.25.32
中山大樹 2年 14.28.15 30.27.51
鶴貝彪雅 2年 14.21.29 30.34.21
飯田貴之 1年 14.07.55 30.35.45
大藏洋人 2年 14.26.02 30.41.57
市川唯人 2年 14.08.89 30.51.38
花田凌一 3年 14.18.57 30.53.45
中根滉稀 3年 14.14.10 31.18.07
谷野航平 3年 14.20.72 31.31.66
野川寛太 1年 14.29.10 31.38.39
宮内明人 1年 14.41.99 31.54.40
神林勇太 2年 13.58.70 記録なし
長嶺龍之介 2年 14.21.21 記録なし
石鍋颯一 1年 14.37.64 記録なし
清原康平 1年 14.52.71 記録なし
久留戸黛良 1年 14.40.25 記録なし
近藤海太 1年 14.53.14 記録なし
髙橋勇輝 1年 14.22.78 記録なし
能島翼 1年 14.19.03 記録なし
早田祥也 1年 14.09.90 記録なし
渡辺大地 1年 14.28.45 記録なし

 
10000mのタイム上位5人は28分台を出していますね。

この5人に関しては故障などなければ箱根駅伝のメンバー入りする可能性はかなり高いです。

10月の出雲駅伝の結果は下に掲載していますが、既にある程度メンバーは絞られていると言えますね。
 
 
出雲駅伝、全日本駅伝、箱根駅伝を大学三大駅伝と言います。
 
 
大学三大駅伝の日程は以下のとおりです。
 
 

大会名 日程
出雲駅伝 2018年10月8日(月)※体育の日
全日本駅伝 2018年11月4日(日)
箱根駅伝 2019年1月2日(水)・3日(木)

 
青山学院一色恭志が出雲駅伝アンカーでゴールし優勝した画像
 
一般的にシーズンが始まると次第に裏方などの役割分担も決まっていくので、選手たちは出雲駅伝のメンバー発表前までに練習でアピールしてきました。

2.青山学院大学の出雲駅伝2018の結果・成績

izumoekiden2018-goal

青山学院大学は10月8日に行われた出雲駅伝2018で2年ぶりの優勝飾りました。

前回の2017年は下級生にタレントを多数揃える東海大に敗れ2位でした。

出場選手は以下の画像のとおり。

izumo2018-member-aogaku
出店:出雲駅伝公式サイト

【2018年出雲駅伝結果】
1位:青山学院大学
2位:東洋大学
3位:東海大学
4位:拓殖大学
5位:帝京大学
6位:中央学院大学
7位:立命館大学
8位:城西大学
【2017年の出雲駅伝成績・結果】
総合順位=1位
総合タイム=2時間13分32秒
1区 橋詰大彗 23:15(1位)
2区 鈴木塁人 16:26(1位)
3区 森田歩希 25:21(2位)
4区 吉田圭太 18:00(1位)
5区 生方敦也 18:48(2位)
6区 竹石尚人 30:08(2位)

5〜6区で東洋大の猛追をなんとか振り切っての優勝でした。

非常に粘り強かったですね。

しかし、箱根駅伝は安泰という感じではありません。

東洋大かなり来てます。

3位に入った東海大も侮れないです。
 

2016年は大会の作戦名として「神ってるぞ青山大作戦」という言葉を使いました。

広島カープの25年ぶりリーグ優勝を果たした広島カープにちなんたキャッチフレーズだったんです。

原監督は広島出身ですからカープの優勝も自分たちの力に変えて頑張れるイメージが有るんでしょう。

しかし2017年は広島カープは日本シリーズ本戦に出られませんでしたね。

なんだか連鎖反応みたいで不思議でした。

2018年は出雲で優勝して広島カープも日本一、ということになるんでしょうか!?


3.秩父宮賜杯・全日本大学駅伝対校選手権大会2018の結果・成績

青学は11月4日(日)に開催された全日本大学駅伝で2年ぶり2度目の優勝を飾りました。

結果は以下の通りです。

区間 選手名 区間順位 タイム
1区 小野田勇次 3位 27分29秒
2区 橋詰大慧 5位 32分21秒
3区 鈴木塁人 3位 34分42秒
4区 林奎介 2位 34分27秒
5区 吉田祐也 1位 36分23秒
6区 吉田圭太 1位 37分29秒
7区 森田歩希 2位 51分36秒
8区 梶谷瑠哉 3位 58分44秒

 
1区の小野田勇次がトップと4秒差の3位で2区の橋詰大彗にタスキを渡しました。

橋詰は粘りの走りでトップ差を維持。

3区の注目・鈴木塁人は順位を2位に上げますが、東海大の館澤亨次に33秒差を付けられてしまいます。

しかし4区林が追い上げ26秒差とし、5区吉田祐也が区間トップの走りでさらに差を詰めました。

6区の2年生・吉田圭太も区間賞でトップ東海大との差は11秒。

7区の新エース・森田歩希は日大の留学生・ワンブィには及ばないものの、東海大を逆転。

一気に2分近い差を付けて独走状態となります。

アンカーの梶谷瑠哉が危なげない走りで最後は二位東海大に2分20秒の差をつけ優勝のゴールテープを切りました。

全日本大学駅伝のサブを含めた登録メンバーは以下の通り。

メンバーは以下の通り。

選手名 学年
小野田 勇次 4年
梶谷 瑠哉 4年
橋詰 大慧 4年
橋間 貴弥 4年
林 奎介 4年
森田 歩希 4年
鈴木 塁人 3年
竹石 尚人 3年
吉田 祐也 3年
岩見 秀哉 2年
神林 勇太 2年
吉田 圭太 2年
湯原 慶吾 1年

 
箱根駅伝はこのメンバーが中心となるかと思いますが、まだ2ヶ月弱あります。

最終決定は12月の29日頃に発表され、直前にエントリーメンバーの中で入れ替えも可能です。

さて、箱根5連覇と同じく青学に期待がかかるのは、2度目の大学駅伝3冠です。

これまで大学駅伝3冠(出雲・全日本・箱根)を達成した大学は以下のとおり。

  • 大東文化大学(1990年)
  • 順天堂大学(2000年)
  • 早稲田大学(2010年)
  • 青山学院(2017年)

2度目の3冠となれば史上初です。

偉業達成に向けて頑張って欲しいですね。


4.青山学院大学の箱根駅伝での成績や選手の順位・記録

青山学院一色恭志が襷を受け取り走りだす画像

青山学院大学の箱根駅伝での成績や選手の区間順位・記録について見てみましょう。
 
 
以下の表は2014年〜2017年の箱根駅伝における青山学院大学の成績の詳細です。

今後まとめて更新します。
 
 

2018年箱根駅伝成績
区間 選手 記録 距離 区間順位
1区 鈴木塁人 1時間02分41秒 21.3km 5位
2区 森田歩希 1時間07分18秒 23.1km 3位
3区 田村和希 1時間02分41秒 21.4km 2位
4区 鍛冶屋瑠哉 1時間03分39秒 20.9km 9位
5区 竹石尚人 1時間14分16秒 20.8km 5位
往路
5時間29分5秒 107.5km 2位
6区 小野田勇次 0時間58分3秒 20.8km 1位
7区 林奎介 1時間02分16秒 21.3km 1位
8区 下田 裕太 1時間04分46秒 21.4km 1位
9区 近藤修一郎 1時間11分51秒 23.1km 9位
10区 橋間貴弥 1時間11分38秒 23.0km 2位
復路
5時間28分34秒 109.6km 優勝
総合
10時間57分39秒 217.1km 優勝
2017年箱根駅伝成績
区間 選手 記録 距離 区間順位
1区 梶谷 瑠哉 1時間04分00秒 21.3km 4位
2区 一色 恭志 1時間07分56秒 23.1km 3位
3区 秋山 雄飛 1時間03分03秒 21.4km 1位
4区 森田 歩希 1時間03分43秒 20.9km 2位
5区 貞永 隆佑 1時間15分03秒 20.8km 8位
往路
5時間33分45秒 107.5km 優勝
6区 小野田勇次 0時間58分48秒 20.8km 2位
7区 田村 和希 1時間05分40秒 21.3km 11位
8区 下田 裕太 1時間04分21秒 21.4km 1位
9区 池田 生成 1時間09分55秒 23.1km 7位
10区 安藤 悠哉 1時間11分41秒 23.0km 1位
復路
5時間30分25秒 109.6km 優勝
総合
11時間04分10秒 217.1km 優勝
2016年箱根駅伝成績
区間
選手
記録
距離
区間順位
1区 久保田和真 1時間01分23秒 21.3km 1位
2区 一色恭志 1時間07分35秒 23.1km 3位
3区 秋山雄飛 1時間02分24秒 21.4km 1位
4区 田村和希 0時間55分17秒 18.5km 1位
5区 神野大地 1時間19分17秒 23.2km 2位
往路
5時間25分55秒 107.5km 優勝
6区 小野田勇次 0時間58分31秒 20.8km 2位
7区 小椋裕介 1時間03分08秒 21.3km 1位
8区 下田裕太 1時間04分21秒 21.4km 1位
9区 中村裕紀 1時間11分23秒 23.1km 7位
10区 渡辺利典 1時間10分07秒 23.0km 1位
復路
5時間27分30秒 109.6km 優勝
総合
10時間53分25秒 217.1km 優勝
2015年箱根駅伝成績
区間
選手
記録
距離
区間順位
1区 久保田和真 1時間02分01秒 21.3km 2位
2区 一色恭志 1時間07分45秒 23.1km 3位
3区 渡辺利典 1時間03分29秒 21.4km 5位
4区 田村和希 0時間54分28秒 18.5km 1位
5区 神野大地 1時間16分15秒 23.2km 1位
往路 5時間23分58秒 107.5km 優勝
6区 村井駿 0時間59分11秒 20.8km 2位
7区 小椋裕介 1時間02分40秒 21.3km 1位
8区 高橋宗司 1時間05分31秒 21.4km 1位
9区 藤川拓也 1時間08分04秒 23.1km 1位
10区 安藤悠哉 1時間10分03秒 23.0km 2位
復路
5時間23分29秒 109.6km 優勝
総合
10時間49分27秒 217.1km 優勝
2014年箱根駅伝成績
区間
選手
記録
距離
区間順位
1区 一色恭志 1時間02分15秒 21.3km 5位
2区 神野大地 1時間09分44秒 23.1km 6位
3区 石田駿介 1時間04分47秒 21.4km 8位
4区 山村隼 0時間55分50秒 18.5km 7位
5区 高橋宗司 1時間22分28秒 23.2km 11位
往路
5時間35分04秒 107.5km 5位
6区 村井駿 1時間01分41秒 20.8km 18位
7区 小椋裕介 1時間03分37秒 21.3km 2位
8区 井上尚樹 1時間06分36秒 21.4km 10位
9区 藤川拓也 1時間09分23秒 23.1km 3位
10区 竹内一輝 1時間12分32秒 23.0km 17位
復路
5時間33分49秒 109.6km 6位
総合
11時間08分53秒 217.1km 5位

 
総合タイムでは2015年が一番速いですよね。

2017年の箱根駅伝ではタイムよりも層の厚さを活かした盤石なレース運びが見事でした。

2018年は東海大に敗れるのでは?という予想もありましたが、蓋を開けてみれば盤石なレースで4連覇。

2019年は5連覇の期待がかかりますが、どうなるんでしょうか?

過去の連覇の最高記録は1959年から1964年にかけて連覇した中央大学の6連覇です。

5連覇は1969年から1973年の日体大。

4連覇した大学はこれまで青学を含めて4大学あり、

  • 日本大学(1935年〜1938年)
  • 順天堂大学(1986年〜1989年)
  • 駒沢大学(2002年〜2005年)
  • 青山学院大学(2015年〜)

となっています。

どうせなら7連覇まで行って新記録作って欲しいですね。

鈴木塁人(青山学院大学)のベストタイムや成績は?出身高校はどこ?

2016.12.27

原晋監督(青山学院)の出した本は?妻や子供はいる?講演での名言も

2016.08.15

神野大地がかわいい!身長は?彼女はいる?怪我(骨折)は?

2016.01.01

 
 
以上、今回は青山学院大学の箱根駅伝2019メンバーや過去の箱根駅伝での成績、選手の区間順位・記録についてお送り致しました。
 
 
箱根駅伝2018は見事4連覇という結果となりましたが、今後の青山学院大学の箱根駅伝も楽しみですね。
 
原監督が箱根駅伝2016で神野大地選手と肩を組みアンカーのゴールを待つ画像
 
青山学院を箱根駅伝3連覇に導いた原晋監督については別の記事がありますのでぜひチェックしてみてください。
原晋監督(青山学院)の出した本は?妻や子供はいる?講演での名言も
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク