選抜高校野球2018の優勝校予想や日程と出場校のトーナメント表を確認する

選抜高校野球2018ヘッダー画像 高校野球

選抜高校野球は、地域ごとに選ばれた高校が春の日本一を目指す大会です。

正式名称は、「選抜高等学校野球大会」ですが、

  • センバツ
  • 春の甲子園
  • 春の選抜

などと略されますね。

今年は90回目ということで記念大会となってます。

例年の出場校は32校ですが、記念大会は36校に増えるんです。

そのため、僕が住んでいる静岡が属する「東海」には普段は2枠のところ、
今年は3枠あるんですよね。

東海からは

  • 静岡
  • 東邦(愛知)
  • 三重

が出場します。

岐阜からは出れませんでした。

岐阜のためにもこの中から優勝チームが出たら嬉しいかな、と思います。
(すいません、そこはあまり興味なかったです)

岐阜の他にも、いつも強い兵庫や徳島が出れてないですね。

センバツに出れない年は夏しか大会が無いから物足りないんですよね。

もう、センバツは無かったことにしちゃいますんでw

と言っても、この瞬間のために全てを掛けている子たちが一生懸命プレーする姿は見ものです。

感動をもらいましょう!

夏の甲子園2018の日程や出場校一覧と組み合わせトーナメント表から注目選手や展望まで

2016.05.11

1.選抜高校野球2018の優勝校予想

選抜高校野球を見る上で優勝候補がどこなのかを知るのは基本です。

優勝候補の高校を中心に、有力校がいつ登場するのかを知って、
見るべき試合をピックアップするわけですね。

自分の出身県の高校の試合に加えて、
勝ち進んだ場合に対戦する可能性のあるチームの戦いぶりを
知っておくと試合の際に入り込めて楽しいですよ。

今大会で優勝候補の呼び声が高いのは

大阪桐蔭(大阪)

です。

特に今年は

 

  • 柿木蓮(かきぎ れん)
  • 根尾晟(ねお あきら)
  • 横川凱(よこかわ かい)

 

 

の好投手3人を揃える投手陣と、

 

  • 藤原恭大(ふじわら きょうた)
  • 宮崎仁斗(みやざき じんと)
  • 中川卓也(なかがわ たくや)
  • 根尾晟
  • 山田優太

 

 

の上位打線は軒並みドラフト候補です。

有名選手が多くいるというだけで安易に優勝候補に上げるのはどうかと思いますが、今年の大阪桐蔭は昨年選抜優勝時のメンバーが多数残っていて経験値が高いんです。

連覇するぞ、という意識がリアルにチームに行き渡っている感じですね。

雰囲気もよく、キャプテンの藤原恭大を中心に個性的な面々が高レベルにまとまってます。

死角なし・・・と言わざるをえないくらいですね。

新チーム発足後のデータを見ると、

勝率こそ9割を超えていて目立ちますが、

打率(.372)や本塁打数(21本)などに突出した数字はないですね。

ですが、試合数が25試合と少ないことから、
1試合ごとの本塁打数を見てみると0.84本と驚異的です。

だいたいの試合で1本はホームランが出るわけですからね。

因みに東邦(愛知)は48試合で51本塁打してます。

1試合1.06本w

対戦相手のレベルも違うと思うので一概には言えませんが、
大阪桐蔭が完全に体一つ出ているというわけではないです。

今言った東邦や明治神宮大会優勝の明徳義塾(高知)、
名将・高嶋仁監督曰く「手応え十分」の智弁和歌山(和歌山)、
明治神宮大会で大阪桐蔭を破った創成館なども十分に優勝を狙えます。

東邦が唯一負けている相手・静岡も強力打線と安定した投手力がありあなどれません。

僕は静岡出身なので静岡高校応援してますが、
贔屓目なしに最近はけっこう強いですw

ただ、目立った活躍をしないために印象薄いんですよね。

今年は爪痕残す戦いをしてほしいな〜。

ということで、優勝予想は大阪桐蔭ということになりますが、
優勝候補としていくつか挙げておきたいと思います。

【選抜高校野球2018優勝候補】
大阪桐蔭(大阪)
明徳義塾(高知)
智弁和歌山(和歌山)
創成館(長崎)
東邦(愛知)
静岡(静岡)
乙訓(京都)
花巻東(岩手)
日大三(東京)

 

↑挙げすぎですかね^^

選抜は特に冬の試合がない期間を挟んでどう成長するかでかなり変わるんです。

だから本当にどのチームが化けるか分からないし、それが楽しみでもありますね。

言ってみれば、全チーム注目ですw

できれば個別の記事で全チーム紹介したいくらいですよ。

時間なさすぎ〜

2.選抜高校野球2018の日程は?

選抜高校野球2018の日程は以下の通りです。

【選抜高校野球2018の日程】
組合抽選=3月16日9:00@毎日新聞オーバルホール
甲子園練習=3月18日〜20日(3日間)
開幕=3月23日
決勝戦=4月4日

 

試合は休養日を含む13日間で行われます。

雨天順延があった場合は決勝戦が翌日以降にずれ込む可能性もあります。

組合せ抽選までは優勝校やベスト4〜8の予想もしにくいですね。

3.選抜高校野球2018の出場校

選抜高校野球2018出場校一覧を確認してみましょう。

高校名 都道府県 経歴
北海道(1枠)
駒大苫小牧 北海道 4年ぶり4回目
東北(3枠)
花巻東 岩手 6年ぶり3回目
日大山形 山形 36年ぶり4回目
聖光学院 福島 5年ぶり5回目
関東・東京(6枠)
明秀日立 茨城 初出場
國學院栃木 栃木 18年ぶり4回目
中央学院 千葉 初出場
日大三高 東京 2年連続20回目
慶応 神奈川 9年ぶり9回目
東海大相模 神奈川 7年ぶり10回目
東海(3枠)
静岡高校 静岡 2年連続17回目
東邦 愛知 2年ぶり29回目
三重高校 三重 4年ぶり13回目
北信越(3枠)
富山商業 富山 9年ぶり6回目
日本航空石川 石川 初出場
星稜 石川 13年ぶり12回目
近畿(6枠)
近江 滋賀 3年ぶり5回目
彦根東 滋賀 9年ぶり4回目
乙訓 京都 初出場
智辯学園 奈良 3年ぶり12回目
智弁和歌山 和歌山 4年ぶり12回目
大阪桐蔭 大阪 4年連続10回目
中国・四国(7枠)
おかやま山陽 岡山 初出場
瀬戸内 広島 27年ぶり3回目
下関国際 山口 初出場
英明 香川 5年ぶり18回目
松山聖陵 愛媛 3年連続18回目
高知高校 高知 5年ぶり18回目
明徳義塾 高知 3年連続18回目
九州・沖縄(4枠)
東筑 福岡 20年ぶり3回目
創成館 長崎 4年ぶり3回目
延岡学園 宮崎 12年ぶり3回目
富島 宮崎 初出場
21世紀枠(3枠)
由利工業 秋田 初出場
膳所 滋賀 59年ぶり4回目
伊万里 佐賀 初出場

 

初出場校は9校です。

【選抜高校野球2018初出場校9校】
明秀日立(茨城)
中央学院(千葉)
日本航空石川(石川)
乙訓(京都)
おかやま山陽(岡山)
下関国際(山口)
富島(宮崎)
由利工業(秋田)
伊万里(佐賀)

 

比較的フレッシュな大会といえますね。

21世紀枠は例年の4校より1校少ない3校

前回出場から最も間が空いたのは膳所で、59年ぶりです。

また、ここ10年で私立校の台頭があり出場校の多くが私立校となりました。

今大会の公立・私立の割合は、

公立校=9校
私立校=27校

ということで、2/3が私立校です。

【選抜高校野球2018公立高校】

  • 静岡高校
  • 富山商業
  • 彦根東高校
  • 乙訓高校
  • 東筑高校
  • 宮島高校
  • 由利工業
  • 膳所高校
  • 伊万里高校

 

各県のファンの中には、公立ファンが一定数います。

また、甲子園に出るために県外の強い高校に進学する、いわゆる「野球留学」に反対する人も。

僕は個人的には公立でも私立でも、県外からの選手も分け隔てなく応援してます。

大切なのは、「強いかどうか」ですw

とにかく甲子園で勝ち進んで、静岡の株を上げて欲しい。

その一点だけですね。


4.選抜高校野球2018の組み合わせ・トーナメント表

選抜高校野球2018の組み合わせ一覧
とトーナメント表を確認しましょう。

①選抜2018 組合せ一覧

第1日 3月23日
1回戦 聖光学院
(福島)
5-3 東筑
(福岡)
1回戦  國學院栃木
(栃木)
3-2 英明
(香川)
1回戦  瀬戸内
(広島)
3-4 明秀日立
(茨城)
第2日 3月24日
1回戦  日大三
(東京)
5-0  由利工業
(秋田)
2回戦  駒大苫小牧
(北海道)
0-7  静岡
(静岡)
2回戦  膳所
(滋賀)
0-10  日本航空石川
(石川)
第3日 3月25日
2回戦  中央学院
(千葉)
5-7  明徳義塾
(高知)
2回戦  智弁和歌山
(和歌山)
2-4  富山商業
(富山)
2回戦  日大山形
(山形)
3-5  智辯学園
(奈良)
第4日 3月26日
2回戦  創成館
(長崎)
3-1  下関国際
(山口)
2回戦  伊万里
(佐賀)
2-14  大阪桐蔭
(大阪)
2回戦  東邦
(愛知)
3-5 花巻東
(岩手)
第5日 3月27日
2回戦  東海大相模
(神奈川)
12-3 ・星光学院
・東筑
の勝者
2回戦  延岡学園
(宮崎)
5-9 ・國學院栃木
・英明
の勝者
2回戦 高知
(高知)
1-10 明秀日立
(茨城)
第6日 3月28日
2回戦  慶応
(神奈川)
VS  彦根東
(滋賀)
2回戦  おかやま山陽
(岡山)
VS  乙訓
(京都)
2回戦  近江
(滋賀)
VS  松山聖陵
(愛媛)
第7日 3月29日
2回戦  富島
(宮崎)
VS  星稜
(石川)
2回戦  三重
(三重)
VS ・日大三
・由利工業
の勝者
3回戦 VS
第8日 3月30日
3回戦 VS
3回戦 VS
3回戦 VS
第9日 3月31日
3回戦 VS
3回戦 VS
3回戦 VS
3回戦 VS
第10日 4月1日
準々 VS
準々 VS
準々 VS
準々 VS
第11日 4月2日
準決 VS
準決 VS
第12日 4月4日
決勝 VS

初戦で屈指の好カードがあります。

大会第3日の第一試合
中央学院(千葉) VS 明徳義塾(高知)

です。

それぞれ秋の関東大会・四国大会
を制しました。

両校は明治神宮大会の初戦で
対戦しています。

その時は明徳義塾が5-3で
中央学院を破りそのまま優勝。

中央学院は破れはしたものの
エースで四番の大谷拓海が
追撃の2ランを放つなど
大きな見せ場を作ったんです。

その後冬のトレーニングを超えて
どう変わったか注目です。
二日目第2試合の
駒大苫小牧 VS 静岡も好カード。

序盤で当たるのが惜しいです。

②トーナメント表(クリックでPDFを表示)

選抜高校野球2018トーナメント表(抽選会直後)の画像
▶ 選抜高校野球2018のトーナメント表(抽選会直後)

選抜高校野球2018トーナメント表(1日目終了時)

選抜高校野球2018トーナメント表(2日目終了時)

選抜高校野球2018トーナメント表(3日目終了時)

▶ 選抜高校野球2018トーナメント表(5日目終了時)

作春からの連覇が掛かる大阪桐蔭と
明治神宮大会を制した明徳義塾が
順当に勝ち上がると決勝で当たりますね。

選抜は急成長するチームが出てくる
ことも醍醐味なので、どこで
番狂わせがあるか楽しみです。
高校野球ファンにとって、
野球の試合を見ることはライフワークです。

貴重な時間を数時間の観戦にあてることに
理解を示してくれる相手って貴重ですよね。

以下のサイトはそんな相手を見つける
きっかけになるということで話題です。

↓球コン

参考まで。


5.選抜高校野球2018追記(不定期)

追記してきます。

大会第1日目

【第一試合】
東筑高校は序盤に主導権を握りながらも
石田伝説石田くんが最後に力尽きました。

夏にまた戻ってきて今度こそ1勝して
ほしいですね。

大会第2日目

【第一試合】
日大三高先発は注目の中村奎太くん。

立ち上がりからコントロールが定まり
ませんでした。

無失点でしたが3回終了後に二番手
井上広輝くん(2年生)にマウンドを譲り
ます。

井上くんは最速146キロの速球を中心
に由利工業打線をねじ伏せる投球。

日大三高5-0の勝利でした。

由利工業は21世紀枠でしたが、
佐藤亜蓮投手は小さなテイクバック
から角度のある速球(最速142キロ)
を武器に日大三高打線に挑みました。

かなり良いピッチングだったと思います。

向こう気の良い面構えも気に入りました。

夏にまた見たい選手です。
【第二試合】
静岡と駒大苫小牧の対戦という好カード。

注目の右腕大西海翔の登場にそわそわ。

しかしもっと注目されていたのは
駒大苫小牧・佐々木孝介監督でしたね。

結果は静岡の異常な強さに0-7の完封
負け。

互角と思われた対戦はかなり力の差を
感じさせられました。

静岡高校、
冬の間に何が起こったんでしょうか。

春翔一朗投手、初回こそ固さが出て
デッドボールを2つ与えましたが2回以降
丁寧なピッチングで駒苫打線に
付け入るすきを与えませんでした。

打線も上位下位ともに選球眼がよく
甘い球を逃さないでガンガン打ってきます。

そして何よりみんな足が速い。

これは歴代最強と言われている聖光学院
や2回戦で聖光学院と戦う東海大相模
にとっても脅威ですね。

3回戦は序盤の山場じゃないでしょうか。

夏の甲子園2018の日程や出場校一覧と組み合わせトーナメント表から注目選手や展望まで

2016.05.11

 
 
以上、今回は選抜高校野球2018の優勝校予想や日程等の紹介でした。

僕の1年は春の選抜で始まって、夏の選手権で終わると言っても過言ではありません(嘘)

高校野球は各県代表の戦いです。

日本人のお国自慢根性が如実に現れるイベントですよね。
(選抜は出ない県もありますが)

これが年に二度あるんですから、本当に楽しいです。

高校野球は夏が本番とも言われますが、そんなことありません。

選抜命、という人もいますよ。

気候的にも選手に負担が少ないし、選抜は選抜の独特な雰囲気もあります。

特に静岡県民にとっては、2007年の常葉菊川の優勝(夏はベスト4)。

これに尽きます。

あの思い出があるから、選抜の価値をもっと高めたいという打算的な面もあったりして・・・w

というわけで選抜楽しみましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク