酒井法子はいつ再婚したの?2018年現在の画像から福祉の仕事や息子と元夫の現在まで徹底調査

芸能

酒井法子さんは元アイドルで女優です。

人気絶頂だった2009年に逮捕され世間に衝撃を与えました。

2012年に芸能界復帰しましたが、目立った活躍はできていません。

しかし最近になってやや動きが見られるようになっています。

この記事では、酒井法子さんの現在の画像や再婚、逮捕後に始めた福祉関連の活動や息子さん・元旦那の現在がどうなっているのかを紹介しています。


1.酒井法子の最近の動き

酒井法子さんは2009年に逮捕されて謹慎し、2010年末にテレビ出演してます。

これは事件を振り返る番組でした。

2013年に「さんまのまんま」に出演しています。


 
2015年11月11日にアルバム「Truth〜飛べない鳥よ〜」をリリース。

その後は舞台や中国での仕事以外は目立った活躍はありませんでしたが、2016年にデビュー30周年コンサートを行ないました。

その後はイベント出演など地道な活動を続けているようです。

2018年のスポーツ報知の取材に対して、デビュー当時から事件までの芸能活動に関して語っています。

2018年1月に中国で行なったコンサートは3日で完売していました。

公演では序盤で声がかすれてしまってボロボロだったことを本人が謝罪していますね。

ファンにとっては事物部を見れることがありがたいといった気持ちがあり満足だったようです。

やはり長いブランクは埋められないですよね。

2.酒井法子のプロフィールと経歴

本名 酒井法子(さかい のりこ)
※旧名字=高相
生年月日 1971年2月14日(47歳)
出身地 福岡県福岡市
身長 157cm
血液型 B型
所属事務所 オフィスニグンニイバ

 

酒井法子さんは1971年に福岡県福岡市で生まれました。

誕生した時には父親が逮捕服役中だったようで、その38年後に同じ罪で娘が捕まることに。

父親はメチャクチャな人物だったようで、母も耐えかねて酒井さんを捨てて若い男性と逃げてしまったんだとか。

両親がいなくなってしまった酒井さんは叔母さんに引き取られて育ったそうです。

まだ小さかった酒井さんは叔母さんを実の母だと思っていましたが、父親が別の女性と再婚して実家に戻ることに。

その際に初めて自分のおいたちを知ることになりショックを受けました。

父親は更生すること無くさらなる離婚と再婚をするなど、酒井さんの生活は安定することはなかったんです。

複雑すぎる家庭環境で育ったことが、清純派アイドルの別の一面を作っていったと考えられますね。

酒井さんは1985年、14歳で芸能界デビューしてアイドルになります。

デビューのきっかけは「86ミスヘアコロンイメージガールコンテスト」でBOMB賞という賞を獲得したことでした。

その後の活躍は目まぐるしく、「碧いうさぎ」など多くのヒット曲にも恵まれました。

松田聖子さん以来のぶりっ子キャラも受けて「のりぴー」の愛称で国民的スターに。

女優としても成功し、フジテレビ「ひとつ屋根の下」や主演した日本テレビ「星の金貨」は今でも動画視聴で人気の名作となっています。

人気絶頂の2009年に世間を仰天させる大事件を起こして逮捕・起訴されました。

実刑は免れたものの、執行猶予付きの有罪判決。

実質、清純派女優としては再起不能となってしまったんです。

何年経ってもイメージが抜けきらないことと、絶頂期の活躍を知らない世代が増えたことが理由ですね。

当時の報道は、逮捕前テレビ出演時の酒井さんの奇行などを面白がって特集した番組などが多く、関心の高さから異常な盛り上がりとなったのを覚えています。

「携帯電話を山梨県内で使った形跡がある」という報道があると、そんな細かいとこまで分かっちゃうのか!?と誰もが驚きました。

今ではそんなの当たり前じゃんて思いますよね。

上でも書きましたが、2012年に復帰し、主に舞台で活躍。

2013年10月に「さんまのまんま」に出演して話題となりました。

しかしその後のテレビ出演はなく、中国や台湾でのコンサートやテレビ出演等がメインの仕事となっていますね。

酒井法子さんの30周年記念ベスト・アルバムを聴くならAWAがおすすめです。

image-20180530071052

AWAは国内外のアーティストの楽曲が聴き放題で月額980円の定額サービスですが、3ヶ月の無料お試し期間があるんです。

この機会に登録してみては?

3.酒井法子の子供の現在は?

酒井法子さんの子供は19990711歳です。

結婚当時既に妊娠3ヶ月で、結婚翌年に出産しました。

その子がもう大人になろうとしてるんですね。

最近は感謝の気持ちも言ってくれるようになったそうで、その時のエピソードをスポーツ報知に嬉しそうに語っていましたよ。

おそらく、酒井さんは世間が思うほど人生を悲観していないと思います。

子供の幸せがすなわち親の幸せですからね。

息子さんが充実した人生を送れることを一番望んでいるでしょうね。

もし元旦那と出会って結婚していなかったら息子さんも生まれていないわけですし、子供がいない人生なんて他のどんな不幸と引き換えにしてでも防ぎたいと思うのが親の気持ちです。

自分の身に起きたこと全てに感謝すらしてるんじゃないでしょうか。

4.酒井法子はいつ再婚したの?

酒井法子さんが元夫の高相祐一さんと結婚したのは1998年でした。

出会ったのはテレビでの共演でした。

何かを感じたんでしょうね。

育った環境の影響によって、ビビッとくる所が特殊だったんじゃないですかね?

その10年後の急落は予想だにしていなかったはずです。

しかし旦那のプロサーファーという職業にファンだけは一抹の不安を感じていました。

不安は的中して2009年の逮捕に繋がりますが、結婚当時から高相祐一さんは薬を使用していたんでしょうか。

そこは分かりませんが、自分だけでなく妻である酒井さんにも勧めたというのが許せないですね。

酒井さん結局自分で使ってしまうわけですが、普通なら使わない判断しますよね。

子育て中ですし。

でもやっぱり育った環境でしょうね、相当酷いですよ。

両親に捨てられてその後また引き取られたのにまた散々な目にあってるわけですから。

正直、同情してしまいます。

もう十分に社会的制裁受けましたから、もう復活させてあげて良いんじゃないでしょうか。

ところで、酒井法子さんがいつ再婚したのかという検索があるようですが、実際には酒井さんは再婚していません。

インタビューに対して、「相手がいれば再婚したい」旨の発言はありました。

それが独り歩きした形ですね。

しかし息子もそろそろ大人ですし、女性としての人生再スタートを切るのも近いのではとかなりの人が思ってるようですよ。


5.酒井法子の現在の画像は?

この記事でも度々触れているスポーツ報知の取材ですが、写真も掲載されています。

酒井法子の2018年現在の画像
酒井法子の最近の画像①
酒井法子の最近の画像②
酒井法子の最近の画像③
酒井法子の人気絶頂時の画像
酒井法子の一番売れた曲の入ったベスト・アルバムのリンク
スポーツ報知の画像付きツイート

19710214歳にしてこの美貌です。

ちょっと肌の色が以前とは違って日に焼けた感じになってますね。

当時の色白で透き通るようなイメージとは違っています。

別カットや動画も見たいですね。

確かに年齢の割に若くて綺麗ですが、やはり世間的にあの印象が強いのでこの画像がどこまでインパクトあるか問題です。


6.酒井法子に対する世間の意見は?

逮捕後10年が過ぎようとしている現在でも一般的には逮捕時の奇行を思い出す人も多く、酒井さんに対する風当たりは多少弱まってはいながらも以前厳しい現状です。

世間的には、情状酌量の大きな要素となった「福祉の仕事」はどうなったの?という意見が多いです。

酒井さんは創造学園大学で福祉を学び、資格を取ろうと頑張りましたが大学が閉鎖されて断念しました。

その後福祉の方向へは進まず、芸能活動に専念しています。

これを批判されているわけですが、正直なところ生活がありますし背に腹は代えられないというのがあったと思いますね。

何年も同じ志で苦労し続けるのって、成果が出ているからできることですし、3年も準備し続けてそれが振り出しに戻ることで現実的に続けるのが難しくなったんでしょう。

また、清純派アイドル時代と、逮捕のギャップが強すぎてもう犯罪者という目でしか見れないという人も。

逮捕された件に関しては既に執行猶予も終わってますし、直接迷惑をかけられた訳ではないですが、報道が過熱したことと山梨まで逃げたという行動が心証悪すぎたんですね。

でもそろそろ許してあげたらどうかという意見も。

芸能界復帰を疑問視する見方もありますが、本人にとっては唯一力を発揮できる分野ですし、家族を養うための行動だと見ることができればまた違った考えになるかとも思いますが。

未だに印象が悪すぎるという印象ですが、アジア諸国でしか活動できていない現状が今後どう変わっていくのか注目ですね。

 


 
以上、今回は酒井法子さんについてでした。

芸能人は社会的影響力があり、準公人だと見られる向きが最近強いです。

政治家や芸能人のスキャンダルが多い昨今、一度大きな失敗をすると同じ道で復活するのってかなり難しくなっています。

酒井法子さんの活動については少し注目して、今後のこうした流れが変わるきっかけとなるのか注意してみていきましょう。

最後まで見ていただきありがとうございました。

次の記事もお楽しみに。

では!

スポンサーリンク