柴崎岳のプレースタイルは遠藤保仁に似てる?海外移籍の噂も

柴崎岳のプレースタイルは遠藤保仁に似てる?海外移籍の噂も

shibasakigaku

柴崎岳選手は低迷する日本代表の一筋の光ですよね。
 
今回は柴崎選手のプレイスタイルや海外移籍の可能性について調べてみました。

shibasakigaku4

  • 柴崎岳のプロフィール
  • プレイスタイルが遠藤保仁に似てる?
  • 海外移籍の可能性

スポンサーリンク


柴崎岳プロフィール

shibasakigaku1

名前 柴崎岳(しばさき がく)

愛称 ガク、シバ、ザキシバ

生年月日 1992年5月28日(25歳)

出身地 青森県上北郡野辺地町

出身中学 青森山田

出身高校 青森山田 高校2年次に全国選手権大会準優勝 大会後鹿島入団

身長 175cm

体重 64kg

在籍 鹿島アントラーズ

ポジション MF

背番号 20(日本代表では7)

日本代表(A代表)10試合に出場して3得点を挙げています(2015年8月現在)。
 
 

スポンサーリンク

 
 

柴崎岳のプレースタイルは遠藤保仁に似てる?

shibasakigaku1

柴崎選手は遠藤保仁選手の後継者候補ナンバーワンとされています。

しかしそのプレースタイルは似ているとは言えませんよね。

周りを見れてゲームメイクする能力は近いものがありますが、よりFW寄りのプレースタイルに見えます。

我が強いといいますか。
 
 
遠藤選手の方はより周りの選手を生かすタイプなんじゃないでしょうか。

試合を見れば違いがわかると思います。
 
 
ただ、成熟度が違うだけで本質は似ているのかもしれません。

鋭いドリブルやシュートがサッカーの醍醐味ですから、柴崎選手のようなアグレッシブに得点を狙いにいくタイプの選手は魅力的です。
 
 
柴崎選手は、遠藤選手の後継者というよりも、本田圭佑選手に近いように思えます。

フィジカルが違う(説明いらないと思いますが)ので似て非なるものですが。

ただ相手が引いていてゴール前の混戦でボールを受けた場合にもボールを受ける前にフィールドの全体像を把握しているかのように一瞬で状況を変える動きができるところは本田圭佑選手よりも優れた部分ではないでしょうか。

とにかく自分が納得いくように練習して目指す理想を極めて欲しいと思います。
 

 


スポンサーリンク


柴崎岳の海外移籍の噂

shibasakigaku2

柴崎は近い将来欧州に移籍すると言われています。

Jリーグでは既に実力がトップクラスというか、圧倒的にナンバーワンと言えそうです。

具体的な移籍先候補はあがっていませんが、来シーズンは間違いなくヨーロッパにいるでしょう。
 
 
以前インタビューでJリーグのスピードアップの必要性を語っていたのを見ましたが、それは本人も海外のサッカーリーグの状況が気になっていて、日本代表が世界の強豪国と張り合っていく事を願っているのだということだと思います。
 
 
バルセロナユースからFC東京入りした久保建英選手もドリブルで仕掛けていく積極的なプレーが柴崎選手とダブりますよね。

shibasaki5

久保選手は、より強い相手にドリブルをどう仕掛けるかをテーマに日々トレーニングをしているそうです。

試合の反省を明日のトレーニングから改善していくというところや体が小さいところも柴崎岳選手と似ていると思わせる要因かもしれません。

話が逸れましたが、一つだけ言えることは柴崎岳選手も久保建英選手も矢沢永吉さんが32年前に語った言葉の中の「やる奴の方の部類」の選手だということです。
 
 


以上、
  • 柴崎岳のプロフィール
  • プレイスタイルが遠藤保仁に似てる?
  • 海外移籍の可能性

の内容でお送りしました。

この先海外でその実力を発揮する日が来るのか、楽しみですね。


スポンサーリンク



 あなたへのオススメ関連コンテンツ


 
 

コメントを残す

CAPTCHA