センバツ2017の日程や組み合わせ抽選日は?出場校や優勝校予想も

センバツ2016智辯学園の優勝時の画像 高校野球

センバツ2017の日程や組み合わせ抽選日は?出場校や優勝校予想も

センバツ2016智辯学園の優勝時の画像

年があけて少しすると高校野球のシーズンが始まりますね。

高校野球ファンにとっては楽しい季節到来です。

センバツは夏の選手権大会と同じように、甲子園球場で開催される高校野球の全国大会です。

すべての都道府県代表が出るわけではなく、地域ごとに行われる秋の大会の活躍を見て、高校野球連盟が選抜したチームが出られる大会なのです。

出場校や日程などが気になりますよね。

今回はセンバツ2017の日程・組み合わせ抽選日、出場校一覧・優勝校予想をお送りしたいと思います。


センバツ2017の日程・組み合わせ抽選会の日は?

センバツの開会式入場行進の画像

センバツ2017の日程は以下の通りです。

開会式 3月19日(日)
開催期間 12日間
組み合わせ抽選会 3月10日(金)

 
開会式の後、一回戦3試合が行われます。

初日は毎年激アツですよね。

全チームの行進が見られて、そのあとフルに3試合ですからね!

初日と最終日のみ行くというマニアもいますよ(^^)

私は母校が出た時は必ず観戦に行こうと思っています。
 

 


センバツ2017の出場校

センバツ2017に出場する日大三高の金成麗生の画像

センバツ2017の出場校を見ていきましょう。

北→南の順に地域ごとに分けて表示します。

新聞各社の評価が出揃ったら追記したいと思いますので、時々覗いてみて下さい。

地域 高校名 都道府県 経歴
北海道 札幌第一 北海道 2年連続2回目
東北 盛岡大付属 岩手 4年ぶり4回目
仙台育英 宮城 2年ぶり12回目
関東・東京 作新学院 栃木 5年ぶり10回目
前橋育英 群馬 6年ぶり2回目
健大高崎 群馬 2年ぶり3回目
東海大市原望洋 千葉 7年ぶり2回目
早稲田実業 東京 4年ぶり21回目
日大三高 東京 6年ぶり19回目
東海 静岡高校 静岡 2年ぶり16回目
至学館 愛知 初出場
北信越 高岡商業 富山 7年ぶり5回目
福井工大福井 福井 2年連続5回目
近畿 滋賀学園 滋賀 2年連続2回目
高田商業 奈良 23年ぶり3回目
智辯学園 奈良 2年連続11回目
履正社 大阪 3年ぶり7回目
大阪桐蔭 大阪 3年連続9回目
報徳学園 兵庫 3年ぶり21回目
中国・四国 神戸国際大附属 兵庫 7年ぶり4回目
創志学園 岡山 2年連続3回目
呉高校 広島 初出場
宇部鴻城 山口 2年ぶり3回目
帝京五高 愛媛 48年ぶり2回目
明徳義塾 高知 2年連続17回目
九州 東海大福岡 福岡 32年ぶり2回目
福岡大大濠 福岡 26年ぶり4回目
熊本工業 熊本 10年ぶり21回目
秀岳館 熊本 2年連続3回目
21世紀枠 不来方高校 岩手 初出場
多治見高校 岐阜 初出場
中村高校 高知 40年ぶり2回目

 
センバツ2017は例年になくハイレベルな試合が期待できると言われています。

特に清宮幸太郎選手率いる早稲田実業(東京)と、安田尚憲選手率いる履正社高校が注目されていますね。

早稲田実業と履正社は2016年秋に行われた明治神宮大会の決勝で対戦しています。

その時は履正社が11-6で早実を破っています。

前半は乱打戦になりましたが、徐々に試合がしまっていき、後半は両校固い守りを披露しました。

この2校にかぎらず、明治神宮大会に出場した高校はかなりクオリティ高く仕上がっている印象でしたから、センバツでも活躍すると思われます。

明治神宮大会に出場した高校は以下の通りです。

 

  • 静岡高校(静岡)
  • 早稲田実業(東京)
  • 福岡大大濠(福岡)
  • 作新学院(栃木)
  • 明徳義塾(高知)
  • 履正社(大阪)
  • 仙台育英(宮城)
  • 福井工大福井(福井)
  • 札幌第一(北海道)
  • 宇部鴻城(山口)

 
以上のチームが中心になって展開していくのではないかと思われます。

しかし、センバツに出場するすべてのチームに上位進出の可能性があります。

高校生の体は短期間に爆発的に成長するものですし、精神的に何かのきっかけで強くなることがよくあります。

チーム全体で自分の中にスーパーヒーロー的な自身を持つことができれば覚醒すると言われています。

高校野球は何が起こるか分かりませんから楽しみですね。
 

 


センバツ2017の優勝校予想

センバツ2007で優勝した常葉菊川の画像

センバツ2017は例年よりもハイレベルだと言われています。

今回あえて優勝校を予想するとしたら、私の場合は、

静岡高校

を挙げます。

静岡高校も明治神宮大会2016に出場しました。

2回戦(初戦)で早稲田実業に3-5で敗れましたが、早実を上回る9安打を放ちました。

毎年すばらしい素材の選手が入部して、強力打線というイメージですが、今年はそれに加えて左右の好投手が揃っているのが強みです。

エースは左腕の池谷蒼大選手です。

↓三振奪取率No.1の左腕・池谷蒼大投手
静岡高校池谷蒼大投手の投げ終わったところの画像

新チームになってからの公式戦14試合に登板して99イニングと1/3を投げ114の三振を奪っています。

三振奪取率1.25/回はセンバツ2017出場投手中1位です。

ストレートの最速も144キロと、全出場選手の中でもトップ10に入ります。

左投手ですし、かなりバッターにとっては切れがあって打ちにくい投手のようですよ。

右腕の竹内奎人選手も最速141キロの速球と鋭い変化球が武器の技巧派ということで期待できます。

↓静岡高校の右のエース竹内投手
静岡高校竹内奎人の向こう気の強い顔の画像

↓1年生ながら4番に座る成瀬和人選手
静岡高校1年生4番打者成瀬和人の横顔画像

静岡県代表は2007年の選抜で常葉菊川が優勝しました。

その時も明治神宮大会に出場しています。

2007年のセンバツ優勝した常葉菊川も明治神宮大会2回戦で敗退しているんですよ。

状況が似てるのです。

常葉菊川は二人とも左投手でしたが。

ということで、静岡高校、かなり強いと思いますよ。
 


 
以上、今回はセンバツ2017高校野球についての概要記事でした。

センバツは夏の甲子園の試金石的な見方をすることもありますが、センバツには独特の雰囲気があって私は夏と同じくらい好きです。

負けたら終わりの高校野球、選手には全力プレーで一生の思い出にしてほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク