坂本花織がフィギアを始めたきっかけ「てるてる家族」とはどんなドラマ?

sakamotokaori
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

坂本花織がフィギアを始めたきっかけ「てるてる家族」とはどんなドラマ?

坂本花織さんはフィギア日本選手権で準優勝し、平昌オリンピック代表の座を射止めたことから、日本フィギアスケートの新ヒロインと話題です。

切れ長の目が魅力的で、キャラも弾けていて愛嬌ありますよね。

sakamotokaori-kirenaga

そしてにわかに注目されてきているのは、幼少時代に見ていたといわれているドラマの存在です。

今回は坂本花織さんのプロフィールとともに彼女がフィギアを始めたきっかけと言われているドラマ「てるてる家族」とはどんなドラマなのか紹介します。

1.坂本花織プロフィール

本名 坂本花織(さかもと かおり)
生年月日 2000年4月9日(17歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 158cm
血液型 B型
所属 シメックス
特技 水泳・長距離走

 
坂本花織さんは4歳でフィギアスケートを始めました。

出身中学校は神戸市立渚中学校です。

高校は同じ神戸市内の私立校、神戸野田高校にかよっています。

4歳でフィギアを始めたということですが、きっかけがちょっと意外なんです。

2.坂本花織がフィギアを始めたきっかけは?

坂本花織さんが3歳の頃、2003年上半期のNHK朝ドラ「てるてる家族」が放送されていました。

坂本さんは毎朝見ていたそうです。

その「てるてる家族」の登場人物に憧れたことがフィギアを始めたきっかけだと言われているんですよね。

ちょっと意外な気がしますよね。

でも、こういう単純な「憧れ」が「夢」に変わって、目標となっていくケースってけっこうあるんですよ。

私の知り合いの有名なスタイリストもきっかけは浅野温子さんのテレビドラマ「抱きしめたい」だったと言っていました(^^)

小さい頃のあこがれって、素直だしストレートなので余分な打算とかないからまっすぐ進むんですかね?

完全に大人となってしまった自分には想像つきません・・・^^;

では、「てるてる家族」ってどんなドラマなんでしょうか?

小さい子供の人生に大きすぎる影響を与えたドラマ、気になりますね。

スポンサーリンク

3.ドラマ「てるてる家族」ってどんなドラマ?

「てるてる家族」は2003年下半期のNHK朝ドラでした。

思い出せないですかね?

前後をちょっと見てみましょうか。

  • 2001年「ちゅらさん」
  • 2001年ほんまもん」
  • 2002年「さくら」
  • 2002年「まんてん」
  • 2003年「こころ」
  • 2003年「てるてる家族」
  • 2004年「天花」
  • 2004年「わかば」
  • 2005年「ファイト」
  • 2005年「風のハルカ」

こんな感じの時代です。

結構最近・・・(;´Д`)

朝ドラ発の地デジ作品だったようですね。

ではかなりキレイな画質で見れるんじゃないでしょうか?

総集編DVDはこちらです。
↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続テレビ小説 てるてる家族 総集編(DVD)
価格:8030円(税込、送料別) (2017/12/25時点)

 

上野樹里さんや石原さとみさん、錦戸亮さんといった現在では超豪華キャスト揃い踏みの「てるてる家族」。

作品としても大人気でDVD化を望む声が非常に多かったです。

しかし、劇中では60曲以上の曲が使われていたため版権の問題からDVD化は無理だろうと言われていました。

ですがNHKの様々な努力によって実現したんだそうですよ。

貴重ですね。

ただしリアルタイムで見ていたファンとしては、完全ノーカットバージョンを望んでいる人が多く、値段はいくらでもいいから絶対買うので出して欲しいという人がたくさんいるんです。

名作は時代を超えても色褪せることないですから、ぜひこのDVD見てほしいですね。
 

ちなみに坂本花織さんが憧れたのは四姉妹の長女・春子がフィギアスケートで有名になったくだりですね。

春子は女優の紺野まひるさんが演じました。

紺野まひるさん
konnomahiru-genzai

紺野まひるさんのフィギュアスケート衣装姿
konnomahiru-figure

当時26歳だったようですね。

キレイです。

現在も変わらず美貌ですね。

今後注目集まりそうな気がしてきました。

 


 
以上、今回は坂本花織さんがフィギアを始めるきっかけとなったドラマ「てるてる家族」の紹介でした。

ぜひオリンピックで大活躍してメダルとってほしいですね。

大注目です(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク