小沢健二の好きな曲ランキング!ライブや新曲は?妻や子供も

小沢健二の好きな曲ランキング!ライブや新曲は?妻や子供も

ozawakenji

小沢健二さんは主に90年代に活躍して絶大な人気を誇ったシンガーソングライターですよね。

音楽やルックスだけでなくファッションや考え方などにも強く影響を与えていたそうです。

今回は小沢健二さんの好きな曲(人気曲)ランキングやライブ・新曲、妻や子供について調べてみました。

  • 小沢健二プロフィール
  • 小沢健二(オザケン)の好きな曲ランキング
  • ライブ・新曲情報
  • 妻や子供は?

スポンサーリンク


小沢健二プロフィール

ozawakenji1

本名 小澤健二(おざわ けんじ)
生年月日 1968年4月14日(49才)
出身地 神奈川県相模原市
身長 175cm
血液型 O型
所属事務所 ドアノックミュージック
特技 水泳

 
 
小沢健二さんといえば叔父さんに世界的な指揮者の小澤征爾さんを持つことや、東京大学文学部卒業であることが有名ですよね。
 
 
音楽活動としては1989年にフリッパーズ・ギターのメンバーとしてメジャーデビューして91年に突如解散しました。
 
 
当時は社会現象となるほどの人気で、フリッパーズ・ギターのインタビューの受け答え方やファッションを真似したり、彼らの影響で中古レコードをコレクションするようになる若者が多かったそうです。
 
 
1993年ソロデビューして、「今夜はブギー・バック」「ラブリー」などのヒット曲があります。
 
 
現在は断続的に音楽活動をすることはなく、数年に一度全国ツアーをしたりしなかったり。
 

 

スポンサーリンク

 
 

小沢健二(オザケン)の好きな曲ランキング

小沢健二さんの曲ってどれも良いですよね。
 
 
タモリさんも「笑っていいとも」の中で絶賛しています。
 
 
詞が小説や映画を見ているようにストーリーがあって、切ないものが多いです。
 
 
曲もジャズやソウルの名曲をモチーフにしたものが多く、リリース当時は若者の洋楽ガイド的な存在にもなっていました。
 
 
今回は小沢健二さんの曲の中で、独自にインターネット上での検索回数の多さにより人気曲ランキングを出してみました。
 
 

順位
曲名
ポイント数
1 ラブリー 1,300
2 愛し愛されて生きるのさ 480
3 ある光 320
4 今夜はブギーバック 210
5 さよならなんて云えないよ 170
6 痛快ウキウキ通り 170
7 それはちょっと 170
8 強い気持ち強い愛 170
9 天使たちのシーン 140
10 大人になれば 110
11 恋しくて 110
12 僕らが旅に出る理由 110
13 いちょう並木のセレナーデ 90
14 ドアをノックするのは誰だ? 90
15 天気読み 70
16 指さえも 70
17 球体の奏でる音楽 70
18 夢が夢なら 70
19 back to back 50
20 戦場のボーイズ・ライフ 50
21 Buddy 50
22 麝香 40
23 春にして君を想う 40
24 ローラースケート・パーク 30
25 ダイスを転がせ 30
26 暗闇から手を伸ばせ 30
27 流れ星ビバップ 20
28 おやすみなさい仔猫ちゃん 20
29 毎日の環境学 20
30 ブルーの構図のブルース 20
31 旅人たち 10
32 恋ってやっぱり 10
33 東京恋愛専科 10
34 地上の夜 10
35 愛について 10
36 あらし 10
37 夜と日時計 10

 
 
小沢健二さんの楽曲は60曲以上ありますが、今回は月間平均検索数10以上あるもののみランキングしてみました。
 
 
因みに私の一番好きな曲は「ある光」です。
 
 
これまでのような「普通の」日本での音楽活動をやめるという決意の曲のように聞こえますよね。
 
 
葛藤というよりも決意。
 
 
積み重ねてきたものを壊して次に進む、という生き方が表現されてる感じがします。
 
 
みなさんの好きな曲は何位でしたか?
 

 

小沢健二のライブ・新曲情報

小沢健二さんは2016年5月・6月にライブツアーを行いました。
 
 
タイトルは「魔法的Gターr ベasス Dラms キーeyズ」という何とも入力し辛い言葉です(笑)
 
 
6年ぶりのツアーになります。
 
 
告知の仕方が面白かったですよ。
 
 
2016年1月19日に、全国の書店やカフェなどに「魔法的」という言葉と1月20日15時という時刻と場所のみが書かれた謎のポスターが掲示されたのです。
 
 
そして1月20日に指定場所である渋谷のクラブクワトロに小沢健二さん本人が登場し、ツアーの発表を自ら行いました。
 
 
昔の超限定フィギア発売の告知方法みたいで面白いですよね。
 
 
そのライブのスケジュールです。

公演日(2016年)
OPEN/START
会場
チケット代
5月25日(水)
18:00/19:00
Zepp Tokyo(東京) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
5月26日(木)
18:00/19:00
Zepp Tokyo(東京) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
5月31日(水)
18:00/19:00
Zepp Nagoya(愛知) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月1日(水)
18:00/19:00
Zepp Nagoya(愛知) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月3日(金)
18:00/19:00
Zepp Namba(大阪) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月5日(日)
16:00/17:00
Zepp Namba(大阪) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月6日(月)
18:00/19:00
Zepp Namba(大阪) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月8日(水)
18:00/19:00
広島CLUB QUATTRO(広島) 1F立見 6,800円
6月11日(土)
16:00/17:00
Zepp DiverCity(東京) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月12日(日)
16:00/17:00
Zepp DiverCity(東京) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月15日(水)
18:00/19:00
Zepp Sapporo(北海道) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月23日(木)
18:00/19:00
Zepp DiverCity(東京) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月24日(金)
18:00/19:00
Zepp DiverCity(東京) 1F立見 6,800円
2F指定 6,800円
6月27日(月)
18:00/19:00
福岡サンパレス(福岡) 全席指定 6,800円

 
 
問い合わせ先:イープラス ※2月14日時点で第1時先行受付は終了しているようです。
 
 
平日が多いですよね。
 
 
平日に休んで行きましょう。
 
 
世代的に責任の重いポストに付いているファンのかたも多いと思いますが、本当に休みたい時は休むという実例を後輩に示すと捉えて、休むっていうのはどうでしょうか?
 
 

新曲の情報

小沢健二さんの2016年の新曲はライブ告知と同時にタイトルのみ本人から発表されました。
 
 
新曲のタイトルは、「飛行する君と僕のために」だそうです。
 
 
ちょっとワクワクする曲名ですよね。
 
 
その他にも比重としては新曲の方が多くなっているようですよ。
 
 
ライブが楽しみです!
 
 


スポンサーリンク


小沢健二の妻や子供は?

小沢健二さんは2009年にアメリカ人写真家のエリザベス・コールさんと結婚しました。
 
ozawakenji2
 
そして2013年6月に息子・凛音(りおん)くんが誕生しました。
 
 
一見、最近流行りのキラキラネームか?と思ってしまいますが、その由来についてさすが小沢健二と思わず唸ってしまう説明がありました。
 
 
出生地のアメリカではRion Ozawa Coll(リオン・オザワ・コール)というフルネームなんだそうです。
 
 
苗字は複合姓なんですって。
 
 
日本での苗字はまだ決めていないそうで、アメリカに揃える場合は小沢コール凛音になるそうですが、まだ考え中なのだとか(2013年時点での話)。
 
 
凛音の凛は「回る水と植物」の意味を持つ文字で、「いきいきとしてかしこい」「きりりとひきしまっていて勇ましい」という意味を生むと説明しています。
 
 
凛音の音はその文字の成り立ちから「言は祝詞。その言の祈りに神の反応があって、その器が自ら鳴るのを音という。それは神の『音なひ』『訪ずれ』を示すものであった」という字訓などの記述を参考にしたのだそうです。
 
 
また、スペイン語でRioという意味で、小沢健二さん自身も奥様のエリザベス・コールさんも川に親しんで育ったそうで、両親の思い出を名前に映しているらしいですよ。
 
 
Rionの綴りはアイルランド語の「ライアン」と同じなんですって。
 
 
深すぎて感心するしか無いですよね。
 
 


以上、
  • 小沢健二プロフィール
  • 小沢健二(オザケン)の好きな曲ランキング
  • ライブ・新曲情報
  • 妻や子供は?

という内容でお送り致しました。

小沢健二さんはずっとアメリカにいて日本であまり音楽活動をしていないので、普段の暮らしの中で小沢健二さんの存在を意識することってあまりないかもしれません。

ですが2016年はライブもあったということで、また素晴らしい曲を届けてくれると思います。

楽しみにしていましょう。

関連記事あり〼

小沢健二のMステでの新曲・流動体についての動画は?若い頃の画像も

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



 あなたへのオススメ関連コンテンツ


 
 

コメントを残す

CAPTCHA