錦織圭と松岡修造の関係や仲は?ものまねが評判?エピソードも

スポーツ

プロテニスプレーヤーとして、年に何度も大会に出場し、世界一への挑戦を続ける錦織圭さん。

錦織圭さんの試合の中継の解説やコメンテーターとして登場することの多い元テニスプレーヤーの松岡修造さんは、おなじみですよね。

いつも「圭は・・・」「圭が・・・」ととても親しげに話していらっしゃって、おふたりの関係について気になる方もいらっしゃるのではないかと思います。

というわけで今回は、錦織圭さんと松岡修造さんの関係や仲・エピソードや、ふたりのものまねについてまとめてみました。

  • 錦織圭さんのプロフィール
  • 松岡修造さんのプロフィール
  • 錦織圭さんと松岡修造さんの関係は?
  • 錦織圭さんと松岡修造さんの仲やエピソード
  • 錦織圭さんと松岡修造さんのものまねが評判?

 
 
錦織圭さんの彼女や結婚についての噂については、別の記事を書いていますのでよかったら読んでみてくだだいね!

錦織圭が彼女と結婚(画像あり)?モデルで富山県出身の彼女とは?
 

 


錦織圭さんのプロフィール

nishikorikei14
本名 錦織圭(にしこり けい)
生年月日 1989年12月29日(28歳)
出身地 島根県松江市
身長 178cm
体重 75kg
血液型 A型
利き手 右利き
出身校 松江市立乃木小学校・開星中学校・青森山田高等学校

 
 
島根県松江市で、テニスが趣味だったご両親のもとに生まれた錦織圭さん。
 
 
5歳の時、お父さんが社内旅行で訪れたハワイで子供用のラケットをお土産に買ってきたことが、テニスを始めたきっかけだそうです。

nishikorikei42
 
 
6歳になると松江市内の「グリーンテニススクール」に入会、めきめきと頭角を表して、小学校4年性の時には中国地方代表として全国小学生テニス選手権大会に出場され、小学校5年生の時には同大会でベスト8に入りました。
 
 
2001年、小学校6年生の時には、全国24名のトップ選手が揃う全国選抜ジュニアテニス選手権大会(選抜ジュニア)12歳以下の部で優勝を果たした錦織圭さん。

nishikorikei41
 
 
そのことがきっかけとなって奨学金を得て、13歳という若さでアメリカに留学することになりました。
 
 
留学先の「ニック・ボロテリー テニスアカデミー」は、、プロテニス選手を養成する完全寄宿制の国際テニス選手養成学校で、女子プロテニスプレーヤーのセレシュ選手やシャラポワ選手など世界一の選手を5人も輩出している超名門校です。
 
 
2016年6月現在の錦織圭さん4大大会での成績は以下のようになっています。

全豪:ベスト8(2012年・2015年・2016年)
全仏:ベスト8(2015年)
全英:4回戦(2014年)
全米:準優勝(2014年)

 
 
プロテニスプレーヤーとして、世界の強豪と対戦を続ける錦織圭さん。

現在は、アメリカ合衆国のフロリダ州を拠点に活動されていらっしゃいます。
 
 

松岡修造さんのプロフィール

nishikori-matsuoka10
本名 松岡修造(まつおか しゅうぞう)
生年月日 1967年11月6日(50歳)
出身地 東京都
身長 188cm
体重 85kg
血液型 AB型
利き手 右手
バックハンド 両手打ち
出身校 慶應義塾幼稚舎・慶應義塾中等部・慶應義塾高等学校(中退)・柳川高等学校(福岡県柳川市・中退)・パーマー・アカデミー・ハイスクール(アメリカ合衆国 フロリダ州タンパ)
利き手 右手

 
 
東宝第11代社長の松岡功さんと元宝塚歌劇団星組男役スターの千波静さんとの間に、三人姉弟の次男として生まれた松岡修造さん。

nishikori-matsuoka17
 
 
お父さんの松岡功さんは1955年の全日本年間ランキングで第3位に入るほどの名テニスプレヤーだったそうですが、家業を継ぐことに決めてからは一切テニスとは縁を切っていたそうです。
 
 
先にテニスを始めたお姉さんの影響で8歳の時にテニスを始めた松岡修造さんですが、周囲からあまり実力を褒められることもなく、自分でも才能がないと思っていたのだとか。

nishikori-matsuoka16
 
 
それでもテニスが好きで、テニスクラブに通い続けていた松岡さんは、中学2年生の時に全国中学生テニス選手権大会で優勝

nishikori-matsuoka14
 
 
そのまま頑張ればよかったのものの、慶應義塾高等学校に進学してからは麻雀にはまってしまって、その手もテニスでできたマメは消え、麻雀でできたタコができるほどだったそうです。
 
 
しかしある時、「こんなことばかりしていていいのか?」「テニスがもっと強くなりたいと思っていたんじゃないのか」という気持ちが自分の中に沸き起こり、高校テニス界の名門校として有名だった福岡県柳川市の柳川高等学校への転校を決意、自分自身を鍛え直すことにしました。
 
 
ずっと名門の慶應義塾で、当然大学も慶應義塾大学に進むと思っていたであろうご両親は転校に猛反対したそうです。
 
 
そんなご両親を必死に説得した松岡さん。

「柳川高校で必ず推薦をもらって大学に進学する」という条件で、ようやく転校を許してもらい、1984年に柳川高校の2年生に編入入学されました。

nishikori-matsuoka15
 
 
その後、「ウィンブルドンへの道」という国内ジュニア大会での優勝を機に、世界に目を向け、プロテニスプレーヤーになることを意識するようになった松岡修造さん。
 
 
1985年11月には、柳川高校を中退して単身アメリカに渡り、現地の高校で学ぶ傍ら名門テニスクラブで指導を受けたのちに1886年、プロ選手としてのキャリアをスタートさせました。
 
 
日本では「高校中退=中卒」と言われている松岡修造さんですが、アメリカでは必死に英語の勉強もして、ちゃんとパーマー・アカデミー・ハイスクール(アメリカ合衆国 フロリダ州タンパ)を卒業されています。
 
 
プロ選手になるにあたって、一切の援助はしないとお父さんから言われてしまった松岡さん。

資金の工面も自分でしながら、テニスプレーヤーとしての努力も重ね、1992年には当時日本男子として最高記録だった世界ランキング46位まで上り詰めました。

nishikori-matsuoka9

この記録は、2011年10月17日に錦織圭さんが更新するまで19年間破られませんでした
 
 
1995年には全英オープン(ウィンブルドン)で日本人の男子テニス選手として1933年以来62年ぶりのベスト8入りを果たした松岡さん。
 
 
1998年に元テレビ東京アナウンサーの田口惠美子さんと結婚され、同年30歳という若さで引退(現役卒業)を表明されました。

nishikori-matsuoka13
 
 
現在は、3人のお子さん(恵ちゃん、修くん、笑ちゃん)にも恵まれ、指導者やスポーツコメンテーターとして活躍していらっしゃいます。
 
 

錦織圭さんと松岡修造さんの関係は?

nishikori-matsuoka12
 
錦織圭さんは、2001年小学6年生の5月に、全国24名のトップ選手が揃う全国選抜ジュニアテニス選手権大会(選抜ジュニア)12歳以下の部で優勝しました。
 
 
その選抜ジュニアの準決勝を観戦していたのが、当時すでに現役卒業をして、若手選手の育成を行っていた松岡修造さん
 
 
当時11歳だった錦織圭さんのプレーを観た松岡さんは、リターンゲームでの圧倒的な才能に目を奪われると同時に、サービスに悪い癖が付いてることにも気づきました。
 
 
そしてその大会から1週間後、錦織さんのもとに「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」への招待状が届きました。
 
 
「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」というのは、98年の現役卒業直後から松岡さんが

    毎年河口湖畔で開催している強化キャンプ

で、日本全国から選抜した18歳以下の男子ジュニア選手を対象としています。
 
 
世界を目指すテニス選手として、正しい知識とより高いレベル意識を持たせるために、技術面・フィジカル面・メンタル面において各分野の第一線で活躍するスタッフや世界的に有名なコーチを迎え、総合的なレベルアップを図るというこの強化合宿、参加できるのは毎年10数名の男子有望トップジュニアだけなんだとか。
 
 
そんな「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」への招待状が届けられた錦織圭さん、キャンプの日程がちょうど小学校の修学旅行に重なっていたにもかかわらず、迷うことなく「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に参加しました。

nishikori-matsuoka6
 
 
松岡修造さんというと、テレビではいつも明るく楽しいイメージですが、テニスの指導者としては本当に厳しい面を持っていらっしゃいます。

nishikori-matsuoka22
 
 
当時11歳だった錦織圭さん。

優しく内向的に見えたという松岡修造さんは、特にメンタル面を中心に錦織さんを鍛えました。

厳しい言葉に、涙することも。

nishikori-matsuoka20
 
 
その当時のことを、松岡修造さんはこう語っていらっしゃいます。
 

小学生の圭は小柄で目立たない選手だったけど、コートではひときわ大きく見えた。

今までの日本選手にはないボールさばきやインパクト時の勢いがあった。

11歳の圭が、大人の自分に負ける。

すると、泣きながら走ってきて、「もう1回やらせてください!」と言ってくる。

すごい負けん気の強さだった。

どんなことをしてでも助けてやりたい。

そんな気持ちにさせてくれる選手だった。

 
 
そして、その松岡修造さんからの厳しい指導を振り返った錦織さんはこう語っています。
 

修造さんにはたくさん怒られましたが、それが今の原動力になっています。

修造さんの場合は怒るというか、愛と情熱を持って叱ってくれるので、心に響きます。

 
 
こうして11歳の時に松岡修造さんと出会った錦織圭さん。

翌年の2002年にもまた「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に参加しました。

nishikori-matsuoka8
 
 
この年のキャンプにはテレビ局の取材もあり、松岡の恩師である名コーチのボブ・ブレッド氏も参加していました。

そんな緊張感のある中で行われた練習試合で、錦織さんは身長が30cmも違う高校1年生の選手を相手に勝利

12歳の錦織さんにとって、大きな自信となりました。

nishikori-matsuoka24
 
 
2003年にも3度目の「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」に参加した錦織さん。

nishikori-matsuoka7
 
 
2003年8月末に名門テニスクラブ「ニック・ボロテリー テニスアカデミー」に留学のため、渡米されました。

文字どおり、松岡修造さんの元を巣立っていかれたんですね。
 

 


錦織圭さんと松岡修造さんの仲やエピソード

nishikori-matsuoka

今から15年前にさかのぼる錦織圭さんと松岡修造さんの出会い。

親子ほどにも年の離れたふたりですが、その仲は実際どうなんでしょうか?
 
 
テレビなどで「圭はすごい!」とよく発言をしている松岡修造さん。

それに対して、錦織圭さんのほうはあまりよく喋る方ではないので、いつもタジタジ・・・のイメージですよね。
 
 
そんなおふたりの仲を垣間見ることのできるエピソードをいくつかご紹介します。
 
 

松岡修造さん「圭と比べて欲しくない」

テレビで錦織圭さんの話題について話していた松岡修造さん。

急に、「ちょっと怒っていいですか?」と切り出しました。

そこで、松岡修造さんが語った言葉がこちら。
 

よく松岡さんはグランドスラムでベスト8に入ったって比較する人いるじゃないですか。

カチンときちゃう。

松岡修造と錦織圭を同じにするなって感じですよ、こっちとしては。

圭はベスト8からどんどん行く選手。

僕はまぐれで一回跳ねた人。

全然テニスの才能が違う。

僕は11歳で彼を見た時から、いってみれば才能の師匠。

教えたことなんて一回もない。

 
 
この言葉から、どれだけ松岡さんが錦織さんの才能を認めているか、よく伝わってきますよね。
 
 
プロフィールにもあるように、日本男子テニスの歴史を変えたと言っても過言ではない成績を残している松岡修造さんですが、錦織さんに対してはいつも低姿勢。
 
 
師弟関係といっても、数回「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」で指導をしたというだけなので、実際には師弟ではないのですが、それを逆に「圭は自分の才能の師匠」と言い切ってしまえるところがすごいと思います。
 
 
今では「小さい頃、厳しくしてゴメンね」なんて言うみたいですよ。
 
 

松岡修造さんと出会って留学が実現

11歳の時に参加した「修造チャレンジトップジュニアキャンプ」で、その才能を松岡修造さんから高く評価された錦織圭さん。

このキャンプでフィーチャリングされたことでスカウトマンの目に止まり、推薦を受けて「盛田正明テニス・ファンド(MMTF)」の選考会に参加することになりました。
 
 
この「盛田正明テニス・ファンド(MMTF)」というのは、元ソニー生命名誉会長だった盛田正明氏が、会長退任後にテニスの有望若手選手育成のために創設した基金です。
 
 
アメリカテニス界関係者との親交のあった盛田正明氏は、ソニー生命会長時代にはプロテニスの日米対抗戦「ソニーライフ・カップ」を開催するなど、テニスにとても情熱を持った人物です。
 
 
盛田正明氏

moritamasaaki-nishikori
 
 
2002年、12歳当時の錦織圭さんは、松岡修造さんも驚く才能の持ち主でしたが、アメリカの名門スクールに留学なんてことになると年間1000万はかかるそうです。
 
 
錦織圭さんのご実家は普通のご家庭なので、そんな大金を簡単に用意することはできませんよね。
 
 
しかし、松岡修造さんの目に留まったことで、スカウトマンの目に留まり、そして奨学金をもらってアメリカに渡ることのできた錦織さん。
 
 
もちろん自身の才能と努力があってこそですが、いいタイミングで渡米し、世界トップクラスの指導を受けられたのは本当に良かったですね。

これも錦織圭さんと松岡修造さんの縁だと思います。
 
 
プロ転向時の錦織圭さんと盛田正明氏

moritamasaaki-nishikori1
 
 

松岡修造さんがアガシとサプライズ戦

2014年11月22日、有明コロシアム(東京都江東区)で開かれた「ドリームテニスARIAKE」に参加された錦織圭さん。

アンドレ・アガシさんと3セットマッチをする予定だった錦織さんですが、錦織さんが手首を負傷していたことで、8ゲーム先取制の特別ルールで行われました。
 
 
8−6でアガシさんとの試合に勝利した錦織さん、試合の後急にマイクを握ると、こうアナウンスしました。
 

8ゲームしかできずにすいません。修造さん、いますか?ちょっといいですか?

 
 
こうして松岡さんをコートに呼び出した錦織さんは、こんなリクエストを。
 

僕の師匠として鍛えてくれましたが、修造さんの本気のテニスを見たことないです。

できれば(アガシと)シングルスをしてもらえませんか。

 
 
このムチャぶりに、松岡さんは、
 

マジ?マジ?俺、シングルス16年やってないよ!

圭さん、妖怪体操でも何でもやるので勘弁して!

 
 
と拒否しましたが、錦織さんが審判席に座ると、あきらめて鉢巻を巻き、コートにあがりました。
 
 
試合中、マイクをつけた錦織さんが「2-1 ファブリーズ」とCMネタでポイントコールをすれば、松岡さんがサーブの際に「除菌してやる!」と錦織さんのフリに乗ったりと楽しい掛け合いを見せ、ファンサービスをしたおふたり。

松岡さんからは「圭は今はもう僕のテニスの師匠だけど、トークでも師匠だな」との声も飛び出しました(笑)
 
 
「早くコートから出たい・・・!」と逃げ腰の様子を見せながらも、7ポイント制タイブレークの試合で7−5でアガシさんに勝利した松岡さん。
 
 
一方のアガシさんも、「長い友人の修造と会えてうれしかった」と健闘をたたえあっていました。

nishikori-matsuoka5
 
 
錦織さんの負傷のせいで急遽プログラムを変えることになり、試合をすることは事前に松岡さんにも伝えてあったようで(それはそうですよね、いきなり言われて試合なんて無理です・・・)、前日は緊張のあまり腹痛で眠れなかったという松岡修造さん。
 
 
せっかく錦織圭さんを観に来たファンのみなさんの気持ちに応えたいという錦織さんの気持ちに、松岡さんも賛同して・・・ということなんでしょうね。
 
 
ふたりの温かく仲の良い感じが伝わってくるエピソードだと思います。
 
 

錦織圭さんと松岡修造さんの師弟ラリー

2011年の東日本大震災復興チャリティ「ドリームテニスARIAKE」では、第5戦目に松岡修造・クルム伊達公子vs錦織圭・杉山愛という豪華なミックスダブルスが行われました。
 
 
4人全員がピンマイクをつけ、会話をしながら打ちあうという試合で、観客も一体となって楽しむことができる面白い企画です。
 
 
この試合の終盤、錦織・杉山ペアの最初のマッチポイントで、伊達公子さんと杉山愛さんがそーっとコートから外へ。

貴重な、師弟ラリーが実現しました。


 
 
余裕を見せる錦織さんに対して、けっこう必死の松岡さん。

見ていて微笑ましいふたりですよね。
 
 


錦織圭さんと松岡修造さんのものまねが評判?

錦織圭さんと松岡修造さんの名前を検索すると、「ものまね」という言葉がでてきます。

気になったので調べてみました!
 
 
このおふたりですね。

nishikori-matsuoka2
 
 
松岡修造さんのモノマネ芸人こにわさんと、よしもとに所属しているお笑いコンビ「キャベツ確認中」のしまぞうZさん(錦織圭さんのモノマネ)がユニットを組んでモノマネをしていて、それがじわっと人気を集めています。
 


 
 
フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」の中の人気コーナー、『博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜』から人気の出てきたこのおふたり。
 
 
フジテレビの「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦」にも出場されました。

他にもネタを観てみたい方は是非、「こにわ&しまぞうZ」「松岡修造 錦織圭 ものまね」で検索してみてくださいね。
 
 


以上、

  • 錦織圭さんのプロフィール
  • 松岡修造さんのプロフィール
  • 錦織圭さんと松岡修造さんの関係は?
  • 錦織圭さんと松岡修造さんの仲やエピソード
  • 錦織圭さんと松岡修造さんのものまねが評判?

の内容でお送りしました。
 
 
錦織圭さんの彼女や結婚についての噂については、別の記事を書いていますのでよかったら読んでみてくだだいね!

錦織圭が彼女と結婚(画像あり)?モデルで富山県出身の彼女とは?
 
 
クールな錦織圭さんと、熱い松岡修造さん。

観ているとなんだか不思議と力の湧いてくるおふたり、これからの活躍も楽しみですね。
 

 

スポンサーリンク