大根おろしのダイエットメニューレシピ!適した部位や器具も

大根おろしのダイエットメニューレシピ!適した部位や器具も

大根おろしとおろし器の画像

大根おろしは手軽で少し辛くて、たまに食べると美味しいですよね。

そんな大根おろしはダイエットに最適だと言われています。

今回は大根おろしのダイエットメニューや大根の部位、おろし金等の器具について調べてみました。

  • 大根おろしがなぜダイエットに良いのか
  • 大根おろしのダイエットメニュー・レシピ
  • メニューごとに適した部位
  • 大根おろし器

スポンサーリンク


大根おろしがなぜダイエットに良いのか

生の大根がダイエットに効果があることは結構有名なことですよね。

しかしなぜ効果があるのかは知っている方があまり多くないと思います。

私も知りませんでした。

大根の中でダイエットに効果のあるのは辛味成分である「イソチオシアネート」・「アミラーゼ」と「食物繊維」です。

イソチオシアネートは肥満の原因となる活性酸素を無害化し代謝を活性化させる働きがあります。
アミラーゼは炭水化物の消化を促進して便秘を改善する働きがあります。
食物繊維は胃腸の働きを整えるので便秘がますます改善します。

今、酵素ジュースによるダイエットが話題になっていますよね。

酵素ダイエットは酵素をたっぷり摂ることで消化が順調になり代謝が促進されて痩せやすくなるダイエット法ですが、大根には酵素がたくさん含まれていて体の中から代謝を良くすることができるそうです。

スポンサーリンク

 
 

大根おろしのダイエットメニュー・レシピ

えのきと大根おろし和物

daikonoroshi2

(1)えのき1袋の根を切り落とし、三等分して鍋に。
(2)醤油大さじ4・みりん大さじ4を加えて3分煮て冷ます。
(3)大根おろし(10cm)と和える。
(4)皿に盛る。
(4)鰹節を多めに載せて薬味のネギをふりかける。
(5)レモン汁大さじ2をふりかける。完成。

ナスの炒めびたし

daikonoroshi3

揚げないで少量の油で炒めるのでローカロリーです。
(1)めんつゆ50cc、水200cc,砂糖小さじ1、鷹の爪1個を鍋で沸騰させて煮汁を作る。
(2)ナスを縦に半分に切って、横4cmに切る。
(3)サラダ油小さじ2〜3を切ったナスに塗る。
(4)フライパンで炒める。木べらで押さえつけナスを自分の水分で湿らせる。
(5)煮汁に革を下にして入れ、冷めるまで放置。大根おろしを載せて完成。

和風おろしスパゲッティ

daikonoroshi4

(1)スパゲッティをゆでて皿に盛る。
(2)カイワレをスパゲッティのうえに敷く。
(3)大根おろしを平らに載せる。
(4)ノンオイルのツナを載せる。
(5)ポン酢1・めんつゆ1の割合の汁を掛けて薬味を散らして完成。
 

 

大根おろしメニューごとに適した部位は?

oroshi1

大根は部位によって味が異なるので、料理によって使い分けると良いそうです。
絵のように、葉に近い部分は固く、味噌汁の具や刻んで炒め煮に使用するのが良いようです。

その下の部分は甘みが強く生で食べるのに適した部位だそうです。
大根おろしをそのまま食べる場合はこの部位が良いでしょう。

中央部分はふろふき大根やおでん等の煮物系に適しているそうです。

先端部分は辛味が強いので、通常は味噌汁や漬物に使うのが良いみたいですが、付け合せや創作系の大根おろしを作る場合は辛味があったほうがいい場合もありますので、この部位を使います。

大根は季節によって辛さが違う

大根は冬が旬ということで、冬に取れる大根が最も甘く辛味が少ないそうです。

夏の大根は固くて辛いらしいですよ。

そういえば大根の煮物やおでんは冬に食べますよね。

そして夏に食べる大根おろしは辛い印象があります。

おろし方によっても辛さが変わる

大根おろしは、おろし方で辛さを調節できるようですよ。

おろし金に垂直に当ててゆっくりのの字を書くようにおろすと辛さを抑えることができるそうです。
ゆっくりおろすことで繊維が潰れて汁がたくさん出て、辛味成分が水分に溶けて出て行くからだそうです。

逆に上下に力強くおろすと辛味の強い大根おろしができるようです。
つよく押さえつけるようにおろすことで細胞が壊れて前述したイソチオシアネートが化学変化してアリルイソチオシアネート(からし油)という辛味成分になるそうです。

辛味成分は時間とともに気化して消えていきますが、ビタミンCも参加して減少してしまうのでおろしたらすぐに食べましょう。

よく冷蔵庫で保管してしまいますが、栄養がなくなってしまうのは避けたいですね。

また、おろし金に斜めに当てておろすと長い繊維が残ってしまうそうなので、垂直に当てておろしましょう。
 
 


スポンサーリンク


大根おろしの道具

大根おろしを作る道具は色んな種類があります。
 
 

おろし金

oroshigane1

最も普及しているのがこの樹脂製のタイプですよね。
スライサーと一体型になっているものです。

oroshigane2

次はこのタイプ。
まさにおろし金ですよね。

itamaesanryoumenoroshi

容器がセットになっているものもあります。
 
 

大根おろし器

kurukurudaikonoroshiki

取っ手を回すだけで簡単に大根おろしが作れる大根おろし器です。

dendoudaikonoroshiki

電動タイプもあります。

本当に色んな道具があります。
ネットで検索すると本当に様々出てきますよね。
 
 


以上、今回は
  • 大根おろしがなぜダイエットに良いのか
  • 大根おろしのダイエットメニュー・レシピ
  • メニューごとに適した部位
  • 大根おろし器

という内容でお送り致しました。

調べてみると大根おろしも奥が深いです!

冬が旬の大根、旬の大根おろしは辛くないという事実。

ぜひ試してみたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


スポンサーリンク



 あなたへのオススメ関連コンテンツ


 
 

コメントを残す

CAPTCHA