バレンタイン・ホワイトデー

バレンタインデーは日本では女性から男性にチョコレートをあげるイベントとして認識されていますよね。

元々の由来は、バレンチヌスというキリスト教の司教が2月14日に処刑されたことが後に「愛の日」として欧米で広まったことです。

起源3世紀頃、ローマ帝国の皇帝が自軍の隊員達の式を高めようと恋愛や結婚を禁じていたことに対抗していたバレンチヌスは、こっそり兵士たちに結婚をさせていました。

ある時これが当時の皇帝クラディウス2世にバレて、処刑されてしまったんです。

ですが、後世ではバレンチヌスは「愛の守護聖人」として評価されることに。

2月14日は恋人同士がお互いに愛の証としてプレゼントやカードを贈り合うという習慣が定着していったと言われています。

日本では神戸のお菓子メーカーモロゾフがアメリカやヨーロッパで2月14日に恋人たちが贈り物をし合う習慣があるというのを紹介したのが起源です。

その際に合わせて発売されたチョコがバレンタインチョコとして広まっていったと言われていますね。

それに拍車をかけたのが森永製菓によるバレンタインの普及活動です。

2月14日がバレンタインデーだというのが全国的に浸透したのは昭和50年代のことでした。

森永を皮切りに明治など他のお菓子メーカーもこぞってバレンタインを煽るようになったことで、日本の製菓業界にとっての繁忙期が出来上がったんです。

既に定着後40年を経過して、ハロウィン等の新たなブームが起こりバレンタインの地位も危うくなっていますので、今後さらに製菓業界全体で何か工夫をしてくるのは間違いないでしょう。

そうしたビジネスの側面から見ても面白いですが、消費者としては楽しい仕掛けをしてくるのを面白がって待っていたいという気持ちもありますね。

このページではバレンタインデーやホワイトデーにちなんだ記事を紹介していくので、時々除いてもらえたらと思います。